○尾張旭市簡易専用水道等設置管理要領

(趣旨)

第1条 この要領は、簡易専用水道及び小規模貯水槽水道(以下「貯水槽水道」という。)の設置及び廃止、その他維持管理にあたり設置者が提出すべき手続等を定めるものとする。

(適用の範囲)

第2条 この要領を適用する施設は、次のとおりとする。

(1) 水道法(昭和32年法律第177号。以下「法」という。)第3条第7項に規定する施設(以下「簡易専用水道」という。)

(2) 水道法に規定する貯水槽水道であって、前号以外の給水施設(以下「小規模貯水槽水道」という。ただし、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号。以下「建築物衛生法」という。)の適用を受ける施設の指導は、当該法令に基づいて実施するものとし、本要領は適用しない。)

(届出)

第3条 貯水槽水道の設置者又は当該水道施設の維持管理に関して権限が与えられている者(以下「貯水槽水道の設置者等」という。)は、給水申込みをするときは、貯水槽水道設置届(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 貯水槽水道の設置者等は、届出事項に変更が生じたときは、速やかに貯水槽水道届出事項変更届(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

3 貯水槽水道の設置者等は、当該水道施設を廃止(受水槽の有効容量の減少等に伴い簡易専用水道に該当しなくなった場合を含む。)したとき、当該水道施設を長期にわたり使用を中止しようとするとき、又は休止した貯水槽水道を再開しようとするときは、貯水槽水道廃止(休止・再開)(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(維持管理)

第4条 前条に定めるもののほか、水道施設の維持管理に関することは、別に定める「尾張旭市専用水道等維持管理指導基準」によるものとする。

(委任)

第5条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

この要領は、平成25年4月1日から施行する。

附 則

この要領は、平成31年2月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

尾張旭市簡易専用水道等設置管理要領

平成25年4月1日 要綱等

(平成31年2月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 都市整備部/ 上水道課
沿革情報
平成25年4月1日 要綱等
平成31年1月22日 要綱等