○尾張旭市消防表彰要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市消防表彰規則(平成13年規則第21号。以下「規則」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(部外の個人又は団体の範囲)

第2条 規則第1条の部外の個人又は団体の範囲は、次に掲げるものとする。

(1) 尾張旭市婦人消防クラブ及び同クラブ員

(2) 尾張旭市危険物安全協会及び同会員

(3) 尾張旭市少年消防クラブ及び同クラブ員

(4) 尾張旭市消友会及び同会員

(5) 尾張旭市消防に多大な貢献があった一般市民又は前各号以外の団体(法人を含む。)で消防長が認めたもの

(部外の個人又は団体の表彰の特例)

第3条 部外の個人又は団体の表彰の特例として、尾張旭市婦人消防クラブ員の表彰を次により行うものとする。

消防長表彰 消防長が特に功績があったと認めたとき又は尾張旭市婦人消防クラブ員として5年以上勤続し、職務に精励したとき

2 前項に規定する表彰は、感謝状及び記念品を授与して行う。

(消防団員等の表彰の基準日)

第4条 消防団員及び前条に規定する婦人消防クラブ員の表彰の基準日は、毎年10月31日とする。

(表彰状及び感謝状の書式等)

第5条 表彰状及び感謝状の書式及び文案等については、必要に応じて作成するものとする。

(記念品)

第6条 規則第2条第2項第3条第2項及び第4条第2項に掲げる記念品は、額とする。ただし、必要に応じて他の物品等に変更できるものとする。

(報告及び審査請求)

第7条 所属長は、表彰に該当する事案を認めた場合は、消防長に第1号様式により報告しなければならない。

2 消防長は、前項の報告を受けたときは、消防表彰審査会会長に表彰の適否について審査を請求するものとする。

(消防表彰審査会)

第8条 規則第5条に規定する消防表彰審査会(以下「審査会」という。)は、次によるものとする。

(1) 審査会は、会長及び審査員をもって組織する。

(2) 会長は、消防本部消防総務課長とし、審査員は消防司令以上(消防長、消防署長を除く。)の階級にある者とする。

(3) 会長は、審査会の議長となる。ただし、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名した審査員がその職を代理する。

(4) 会長は、消防長から審査の請求があったときは、審査会を招集し事案の審査を行い、その結果を消防長に第2号様式により速やかに報告するものとする。

(5) 会長は、適正な審査を行うため事案の関係者を審査会に出席させることができる。

(表彰の具申)

第9条 表彰の具申は、次により消防長に行うものとする。

(1) 規則第2条第1項第1号から第3号までのいずれか又は規則第3条第1項各号のいずれかに該当する表彰 第3号様式

(2) 規則第2条第1項第4号若しくは第4条第1項又は要綱第3条第1項の規定に該当する表彰 第4号様式

2 前項第1号の表彰の具申については、消防表彰審査会結果報告書(第2号様式)を添付し、所属長が行うものとする。

(追彰の範囲及び順位)

第10条 規則第7条に規定する遺族の範囲及び順位は、被表彰者の配偶者、子、父母及び兄弟姉妹とする。

(審査会の事務局)

第11条 審査会の事務局は、消防本部消防総務課に置く。

附 則

この要綱は、平成13年9月21日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成21年8月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成31年1月7日から施行する。

画像

画像

画像

画像

尾張旭市消防表彰要綱

平成13年9月21日 要綱等

(平成31年1月7日施行)