○尾張旭市立小中学校体育施設使用料条例

平成25年12月20日

条例第36号

(趣旨)

第1条 この条例は、地域スポーツの振興のために行う尾張旭市立小中学校の体育館及び運動場(以下「学校体育施設」という。)の開放事業において、地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の4第7項の規定により学校体育施設を使用する場合の使用料について、必要な事項を定めるものとする。

(使用料)

第2条 学校体育施設の使用料は、別表に定める額とする。

2 学校体育施設の使用の許可を受けた者は、指定する日までに当該使用に係る使用料を納付しなければならない。

(使用料の免除)

第3条 市長は、特別の理由があると認めるときは、使用料を免除することができる。

(使用料の還付)

第4条 納付された使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月28日条例第3号抄)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成31年10月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(公の施設の使用料に関する経過措置)

第2条 第2条の規定による改正後の尾張旭市立公民館の設置及び管理に関する条例別表第1の規定、第3条の規定による改正後の尾張旭市文化会館の設置及び管理に関する条例別表第1及び別表第2の規定、第4条の規定による改正後の尾張旭市どうだん亭の設置及び管理に関する条例別表の規定、第5条の規定による改正後の尾張旭市体育施設の設置及び管理に関する条例別表第2の規定、第6条の規定による改正後の尾張旭市立小中学校体育施設使用料条例別表の規定、第7条の規定による改正後の尾張旭市東部市民センターの設置及び管理に関する条例別表の規定、第8条の規定による改正後の尾張旭市勤労福祉会館の設置及び管理に関する条例別表の規定、第9条の規定による改正後の尾張旭市保養センター尾張あさひ苑の設置及び管理に関する条例別表第1及び別表第2の規定、第10条の規定による改正後の尾張旭市スカイワードあさひの設置及び管理に関する条例別表の規定、第11条の規定による改正後の尾張旭市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例別表の規定、第12条の規定による改正後の尾張旭市ふれあい農園の設置及び管理に関する条例第8条の規定及び第13条の規定による改正後の尾張旭市都市公園条例別表第3の規定は、施行日以後に使用許可するものから適用し、施行日前に使用許可のあったものについては、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

学校体育施設使用料

区分

使用料(円)

小学校

体育館

午前9時から午後5時まで

1時間当たり 150

午後5時から午後9時まで

1時間当たり 300

運動場

午前9時から午後5時まで

1時間当たり 100

中学校

体育館(全面)

午後7時から午後9時まで

1,620

体育館(半面)

810

運動場

午後7時から午後9時まで

7,430

尾張旭市立小中学校体育施設使用料条例

平成25年12月20日 条例第36号

(令和元年10月1日施行)