○尾張旭市立小中学校体育施設開放要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市立小中学校体育施設開放規則(平成25年教育委員会規則第3号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき、学校体育施設の開放事業に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において使用する用語は、規則において使用する用語の例による。

(種目)

第3条 学校体育施設を使用できる種目は、学校体育施設の実情に合わせて教育委員会が認めた種目とする。

(管理員)

第4条 学校体育施設の開放事業を安全に実施するため、各小学校体育施設に管理員を置くものとする。

2 管理員は運営委員会の推薦により教育委員会が指名する。

3 管理員の任期は1年とし、再任を妨げない。

4 管理員に欠員が生じた場合における補欠員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 管理員は、教育委員会の指示により、学校体育施設の使用時において次に掲げる任務を行う。

(1) 開放時間開始時における施設の開錠、施設内外の点検、照明の点灯

(2) 使用者の許可書の確認

(3) 開放時間終了時における施設内外の巡視(火気、戸締まり等の安全管理)

(4) 設備、器具等の確認

(5) 開放記録日誌の作成及び報告

(6) 使用者からの要望の受付及び報告

(管理責任)

第5条 学校体育施設の開放に関する管理の責任は教育委員会にあり、学校体育施設の開放を行う学校の校長は責任を負わないものとする。

2 開放事業における事故その他の責任については、施設、設備の欠陥によるものを除き使用者が負うものとする。

(団体の登録)

第6条 規則第4条第1項の学校体育施設開放利用登録申請書は、第1号様式によるものとする。

2 規則第4条第2項の学校体育施設開放利用登録証は、第2号様式によるものとする。

(学校体育施設の使用の許可)

第7条 規則第7条第1項及び第8条第1項の学校体育施設開放使用許可申請書は、第3号様式によるものとする。

2 規則第7条第2項及び第8条第5項の学校体育施設開放使用許可書は、第4号様式によるものとする。

(使用料の納入)

第8条 尾張旭市立小中学校体育施設使用料条例(平成25年条例第36号)第2条に規定する使用料は、規則第9条の規定に定められた期日までに、次に掲げる場所で納入しなければならない。

(1) 小学校体育施設の使用料 総合体育館

(2) 中学校体育施設の使用料 文化スポーツ課

(使用料の免除)

第9条 規則第10条第1項の学校体育施設開放使用料免除申請書は、第5号様式によるものとする。

2 規則第10条第2項の学校体育施設開放使用料免除許可書は、第6号様式によるものとする。

(使用料の還付)

第10条 規則第11条第2項の学校体育施設開放使用料還付請求書は、第7号様式によるものとする。

(遵守事項)

第11条 使用者は、学校体育施設の使用に際して次の事項を守らなければならない。

(1) 火気の使用はしないこと。

(2) 喫煙、飲酒、飲食をしないこと。

(3) 使用許可を受けた施設以外に立ち入らないこと。

(4) 他人に危害を加え、又は迷惑となる物品又は動物類を携行しないこと。

(5) 許可を受けないで、物品の販売又はこれに類する行為をしないこと。

(6) その他学校体育施設の管理及び運営について、教育委員会の指示に従うこと。

(損害賠償)

第12条 規則第18条第1項の施設破損届は、第8号様式によるものとする。

(委任)

第13条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(準備行為)

2 この要綱の規定に基づく使用許可の申請その他の準備行為は、施行日前においても行うことができる。

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

尾張旭市立小中学校体育施設開放要綱

平成25年12月20日 要綱等

(平成26年4月1日施行)