○尾張旭市多世代交流館の管理運営に関する規則

平成26年3月31日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、尾張旭市多世代交流館の設置及び管理に関する条例(平成25年条例第37号。以下「条例」という。)の規定に基づき、尾張旭市多世代交流館(以下「多世代交流館」という。)の管理運営について必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請)

第2条 多世代交流館を使用しようとする者は、多世代交流館使用許可申請書(以下「申請書」という。第1号様式)を、使用日の3月前の日の属する月の1日から使用日までに市長に提出しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用の許可)

第3条 市長は、前条の申請書を受理し、その使用目的及び内容が適当と認めるときは、申請をした者に対し、多世代交流館使用許可書(以下「許可書」という。第2号様式)を交付する。

2 前項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用の際、許可書を職員に提示しなければならない。

(使用許可の変更)

第4条 使用者は、使用時間その他の許可された内容を変更しようとするときは、多世代交流館使用許可変更申請書(第3号様式)に許可書を添えて市長に提出し、改めてその許可を受けなければならない。

(使用取消しの届出)

第5条 使用者は、使用の取消しをしようとするときは、多世代交流館使用取消届(第4号様式)に許可書を添えて市長に提出しなければならない。

(特別の設備)

第6条 条例第10条ただし書の規定による許可を受けようとする者は、特別の設備の内容、図面等を市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第7条 条例第15条ただし書に規定する使用料の還付を受けようとする者は、多世代交流館使用料還付請求書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(入館の制限)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、入館を禁止し、又は退館を命ずることができる。

(1) 他人に迷惑若しくは危害を及ぼし、又は及ぼすおそれのある者

(2) 施設又は附属設備に損傷を加え、又は加えるおそれのある者

(3) その他管理上支障があると認められる者

(遵守事項)

第9条 使用者又は多世代交流館の入館者(以下「入場者」という。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 風俗秩序を乱す行為をしないこと。

(2) 所定の場所以外で、飲食しないこと。

(3) 施設内及び敷地内において、喫煙しないこと。

(4) 他人に危害を加え、又は迷惑となる行為をしないこと。

(5) 許可を受けないで物品を展示、販売又はこれに類する行為をしないこと。

(6) 許可を受けないで印刷物等を掲示又は配布しないこと。

(7) その他職員の指示に従うこと。

(毀損等の届出)

第10条 入場者は、施設又は附属設備等を毀損し、又は滅失したときは、直ちに市長に届け出て、指示を受けなければならない。

(立入り)

第11条 職員は、多世代交流館の管理運営上必要があるときは、使用中の施設に立ち入ることができる。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、条例の施行の日から施行する。

附 則(令和元年6月28日規則第18号)

この規則は、令和元年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市多世代交流館の管理運営に関する規則

平成26年3月31日 規則第4号

(令和元年7月1日施行)