○尾張旭市児童館発達支援事業実施要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、発達の遅れ又はその疑いのある子どもとその保護者を支援するため、児童館において集団の場での遊びを通して、保護者が子どもの特性や関わり方を実践的に学び、子育てに対する不安を和らげることを目的とした発達支援事業(以下「事業」という。)の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、尾張旭市とする。

(実施場所等)

第3条 この事業は、尾張旭市内の各児童館で実施している「おはようサロン」及び「子育てひろば」の中で実施するものとする。

(利用対象者)

第4条 この事業の利用対象者は、市内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者とし、対象となる子どもは、概ね1歳6か月から未就園までの子どもを基本とする。

(1) 乳幼児健康診査等で、発達面での支援が必要と思われる子ども及びその保護者

(2) 子どもの成長や発達に不安のある保護者及びその子ども

(3) その他市長が必要と認める者

(利用者登録)

第5条 前条に規定する者がこの事業を利用する場合は、参加する「おはようサロン」又は「子育てひろば」に利用者登録しなければならない。

(事業内容)

第6条 この事業は、発達の遅れ又はその疑いのある子ども及びその保護者を対象に、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 子どもの発達に関する相談、助言及び情報提供に関すること。

(2) 子どもの発達状況の観察に関すること。

(3) 利用者間の交流に関すること。

(4) 関係機関の紹介及び連絡調整に関すること。

(5) 相談や助言等の記録の整備に関すること。

(6) その他市長が必要と認めること。

(関係機関との連携)

第7条 この事業の実施にあたっては、保健福祉センターにおいて各種発達支援事業等を実施している関係機関との連携を密にし、利用者への支援が円滑に行われるよう努めるものとする。

(守秘義務)

第8条 この事業に関わる職員及び関係機関の者(以下「職員等」という。)は、利用者への対応等に十分配慮するとともに、業務の遂行上知り得た個人情報を外部に漏らしてはならない。また、職員等でなくなった後も同様とする。

(庶務)

第9条 この事業の庶務は、こども子育て部こども課で処理するものとする。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年10月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

尾張旭市児童館発達支援事業実施要綱

平成26年3月31日 要綱等

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ こども子育て部/ こども課
沿革情報
平成26年3月31日 要綱等
平成28年9月15日 要綱等
平成29年3月29日 要綱等