○尾張旭市地域包括支援センターの設置及び運営に関する要綱

尾張旭市地域包括支援センターの設置及び運営に関する要綱(平成18年4月1日施行)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第115条の46第1項の地域包括支援センター(以下「センター」という。)の設置及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置運営の主体)

第2条 センターの実施主体は、尾張旭市(以下「市」という。)とする。

2 市は、法第115条の46第1項に規定する包括的支援事業を、適切、公正、中立かつ効率的に実施することができると認めた社会福祉法人等へ委託するものとし、当該委託を受けた者は、センターを設置及び運営するものとする。

3 センターの運営に関しては、尾張旭市介護保険運営協議会で審議する。

(名称、位置及び担当圏域)

第3条 センターの名称、位置及び担当圏域は、次のとおりとする。

名称

位置

担当圏域

尾張旭市地域包括支援センター

尾張旭市新居町明才切57番地(尾張旭市保健福祉センター内)

市内全域

(事業)

第4条 センターは、次に掲げる事業を行うものとする。

(1) 法第8条の2第16項に規定する介護予防支援事業

(2) 法第115条の45第1項第1号ニに規定する第1号介護予防支援事業

(3) 法第115条の45第2項第1号から第3号までに規定する事業

(4) 前2号に掲げるもののほか、法第115条の46第1項に規定する厚生労働省令で定める事業のうち、市が委託する事業

(1) 保健師又は地域ケア若しくは地域保健分野において経験を有する看護師(准看護師を除く。)

(2) 社会福祉士又は福祉事務所の現業員の業務経験が5年以上若しくは介護支援専門員の業務経験が3年以上あり、かつ、高齢者の保健福祉に関する相談援助業務に3年以上従事した経験を有する者

(3) 主任介護支援専門員又は、実務経験を有する介護支援専門員のうち、ケアマネジメントリーダー研修修了者で、ケアマネジメントリーダー実務(相談、地域の介護支援専門員への支援等)に従事している者

3 条例第4条の規定に基づき、センターに管理者として所長を置く。

4 前3項に掲げるほか、市長が必要と認めたときは、センターに事務職員その他の職員を置くことができる。

(職員等の責務)

第6条 職員は、相互に連携し、情報の共有及び事業の実施を行うものとする。

2 職員は、関係機関及び関係者と連携を図り、情報の共有化、事例の分析等に努めるものとする。

3 職員又は職員であった者は、利用者及び利用世帯のプライバシーの尊重に万全を期するとともに、正当な理由がなく、事業に関して知り得た事項を他に漏らしてはならない。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。ただし、平成29年3月31日までの間においては、この要綱による改正後の第4条第2号の規定は適用せず、この要綱による改正前の第4条第1号及び第2号の規定の例により事業を行うものとする。

尾張旭市地域包括支援センターの設置及び運営に関する要綱

平成27年2月26日 要綱等

(平成27年4月1日施行)