○尾張旭市福祉有償運送運営会議開催要項

(名称)

第1条 この会の名称は、尾張旭市福祉有償運送運営会議とする。(以下「運営会議」という。)

(目的)

第2条 運営会議は、NPO法人(特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定するものをいう。)等による道路運送法(昭和26年法律第183号。以下「法」という。)の規定に基づいて行われる自家用有償旅客運送のうち道路運送法施行規則(昭和26年運輸省令第75号。以下「規則」という。)第49条第3号に規定する福祉有償運送(以下「福祉有償運送」という。)について、その問題点等について検討するとともに、福祉有償運送の必要性並びにこれを行う場合における旅客から収受する対価、安全の確保及び旅客の利便の確保に係る方策等を協議することを目的とする。

(主宰)

第3条 この運営会議は、尾張旭市が主宰する。

(協議事項)

第4条 この運営会議は、次の事項について協議を行う。

(1) 法第79条の規定に基づき、福祉有償運送の登録(法第79条の6第1項の規定に基づく有効期間の更新の登録及び法第79条の7第1項の規定に基づく変更登録を含む。)を申請する場合における運送の必要性、旅客から収受する対価に関する事項について

(2) 法第79条の12第1項第4号の規定による合意の解除に関する事項について

(3) 運営会議の運営方法並びに福祉有償運送のサービス内容及びその他福祉有償運送に関し運営会議が必要と認める事項について

(4) その他市長が必要と認めることについて

(構成員)

第5条 運営会議の構成員は次の者とする。

(1) 公共交通学識経験者

(2) 国土交通省中部運輸局愛知運輸支局長が指名する職員

(3) 地域福祉関係者

(4) 地域ボランティア関係者

(5) 福祉有償運送利用者の代表

(6) 一般旅客自動車運送事業者の代表

(7) 名古屋タクシー協会の代表者が指名する者

(8) 全国自動車交通労働組合連合会愛知地方連合会の代表者が指名する者

(9) 福祉有償運送を行っているNPO法人等の代表者が指名する者

(10) 市長が指名する職員(健康福祉部長)

2 運営会議に、会の資質を向上させるため、オブザーバーをおくことができる。

3 運営会議の構成員及びオブザーバーは、地域福祉の向上、地域住民の生活に必要な旅客輸送を確保し、もって地域福祉の向上に資するため、誠意を持って責任ある議論を行うよう務めるものとする。

4 運営会議の構成員及びオブザーバーは、個人情報その他業務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(構成員の任期)

第6条 運営会議の構成員の任期は3年とする。ただし、補欠の構成員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 構成員は再任することができる。

(会長及び会長の職務代理)

第7条 運営会議に会長を置き、構成員の互選により選出する。

2 会長は、会務を総理する。

3 会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、あらかじめ会長が指名する構成員がその職務を代理する。

(会議)

第8条 会議は、会長が招集する。

2 会議の議事及び会議録は原則として公開する。ただし、個人情報の取り扱いについては十分配慮し、必要に応じ非公開とする等の適切な措置を講じるものとする。

3 会長は、構成員の4分の1以上が審議すべき事項を示して招集を請求したときは、運営会議を招集しなければならない。

4 運営会議は、構成員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。ただし、代理の者を出席させた場合若しくはあらかじめ書面をもって運営会議に付議される事項について意思を表示した者は出席とみなすことができる。

5 運営会議の議事において尾張旭市福祉有償運送運営会議開催要項第4条第1号及び第2号に係る協議については、出席した構成員の全員一致により整うものとする。この場合において、協議が整わない場合には会長があらかじめ指名した者が運営会議での意見を考慮して、協議により決定するものとし、その結果は、会長名で速やかに構成員全員に報告するものとする。

6 運営会議の議事で前項以外の事項について議決する場合は出席した構成員の過半数をもって決し、可否同数のときは会長の決するところによる。

(協議の申請の手続き)

第9条 福祉有償運送登録の申請をする法人(以下「申請法人」という。)は、必要な書類を添付して「福祉有償運送運営会議協議依頼書」(別紙様式)を市長に提出しなければならない。

(協議結果の取り扱い)

第10条 運営会議において協議が整った事項について、関係者はその結果を尊重し、当該事項の誠実な実施に努めるものとする。

2 市長は、運営会議において協議が整ったときは規則第51条の3第5号の規定に基づく書類を申請法人に対し交付するものとする。

3 申請法人は、前項に規定する書類を受け取ったときは速やかに国土交通省中部運輸局愛知運輸支局等に申請を行うものとする。

(事務局)

第11条 この運営会議の事務局を福祉課に置く。

2 自家用有償旅客運送(福祉有償運送)に関する相談、苦情、その他に対応するため、事務局を連絡・通報の窓口とする。

(委任)

第12条 その他必要な事項は、会長が運営会議に諮り定める。

附 則

この要項は、平成19年4月1日から施行する。

附 則

この要項は、平成20年4月1日から施行する。

画像

尾張旭市福祉有償運送運営会議開催要項

平成19年4月1日 要綱等

(平成20年4月1日施行)