○尾張旭市スクールソーシャルワーカー相談事業実施要綱

(目的)

第1条 尾張旭市立学校に対し、尾張旭市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が選任する者(以下「スクールソーシャルワーカー」という。)が、いじめ、不登校、暴力行為、児童虐待など生徒指導上の課題に対応するため、児童生徒の置かれた様々な環境に働き掛けて支援を行い、もって児童生徒の健全育成に資するものとする。

(対象者)

第2条 原則として、尾張旭市立学校の教職員、児童生徒及び保護者とする。

(職務内容)

第3条 スクールソーシャルワーカーは、教育分野に関する知識に加えて、社会福祉等の専門的な知識・技術を用いて、次の職務を行う。

(1) 問題を抱える児童生徒が置かれた環境への働き掛け

(2) 関係機関等とのネットワークの構築、連携・調整

(3) 学校内におけるチーム体制の構築、支援

(4) 保護者・教職員等に対する支援・相談・情報提供

(5) 教職員等への研修活動

(相談場所)

第4条 教育委員会が必要と認めるところとする。

(謝礼)

第5条 スクールソーシャルワーカーへの謝礼は、予算の範囲内で支給し、業務実績に基づいて、翌月にまとめて支払うものとする。

(庶務)

第6条 スクールソーシャルワーカーに関する事務は、教育行政課で行うものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、平成29年2月28日から施行する。

尾張旭市スクールソーシャルワーカー相談事業実施要綱

平成29年2月28日 要綱等

(平成29年2月28日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 教育委員会/ 教育行政課
沿革情報
平成29年2月28日 要綱等