○中高層建設事業に係る付近関係者との協議等に関する要領

1 事業計画の説明

事業者は、日照及び工事中の騒音・振動等について、付近利害関係者に事業内容を説明し、理解を得るよう努め、その対策について協議した結果を別紙(第1号様式)により市長に報告する。

(1) 対象事業

高さ10メートルを超える建築物の建設事業

(2) 付近利害関係者の範囲

ア 対象建築物の影が冬至日の真太陽時による午前8時から午後4時の間で、建築物の壁面から建築物の高さの2倍の距離の区域内にある居住の用に供する建築物の使用者及び所有者

イ 建築物の壁面(屋外階段を含む)から10メートル以内にある居住の用に供する建築物の使用者及び所有者

ウ 建設事業地の隣接土地所有者

(3) 地域代表者への事業説明

建設事業地及び付近利害関係者等の範囲内の自治会長並びに町内会長へ事業計画を説明する。

(4) 協議結果の報告時期

協議結果通知に基づく回答までに提出する。

2 標識の設置

事業者は協議申請以前に建築計画の概要を示す標識(第2号様式)を事業地の見やすい場所に設置する。

(1) 対象事業

高さ10メートルを超える建築物の建設事業

(2) 標識の設置期間

標識の設置期間は、工事完了届を提出する日までとする。

(3) 標識の記載事項の変更

標識の記載事項に変更があったときは、すみやかに標識の記載事項を変更する。

(4) 標識の設置状況の報告

設置した標識の写真(遠景及び近景)を協議申請時に提出する。

附 則

この要領は、平成31年2月1日から施行する。

画像画像画像画像

画像

中高層建設事業に係る付近関係者との協議等に関する要領

平成29年1月13日 要綱等

(平成31年2月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 都市整備部/ 都市計画課
沿革情報
平成29年1月13日 要綱等
平成31年1月9日 要綱等