○尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金交付要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市補助金等交付規則(平成9年規則第15号。)に定めるもののほか、市が交付する地域防犯パトロール活動費補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付目的)

第2条 市民が安心して暮らすことのできる地域社会の形成に寄与するため、本市の区域内で、青色回転灯を装備した車両で防犯パトロール活動を実施する団体の活動支援を目的とする。

(定義)

第3条 この要綱において、「青色回転灯装備車両」とは、道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)第49条の3の自主防犯活動用自動車であって、同条の規定により青色防犯灯を備えたものをいう。

(補助対象事業)

第4条 この補助金の補助対象事業の名称及び概要は、次の表に定めるとおりとする。

名称

補助対象事業の概要

尾張旭市地域防犯パトロール活動事業

青色回転灯装備車両による地域防犯パトロール活動の経費の一部を、年間当たりの延べ活動台数(活動車両の台数に活動日数を乗じて得た台数をいう。以下同じ。)に応じて補助する。

(交付対象者)

第5条 補助対象者は、次の各号のいずれにも該当する団体であって、市長が認めたものとする。

(1) 連合自治会、自治会、町内会又は市民が自主的に組織した団体であること。

(2) パトロールを継続して実施することができる団体であること。

(補助対象経費)

第6条 この補助金の補助対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、別表第1に定めるものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当する経費は対象としない。

(1) 積立金及び預金(周年記念事業等に対する計画的な積立てを含む。)

(2) 経常的な人件費

(3) 食糧費及び酒類全般

(4) 会員、関係者及び関係団体等に対する慶弔費、見舞金、激励金品、記念品などの交際費及びこれに類する経費

(5) その他市長が不適当と認めた経費

(補助金の額)

第7条 この補助金の額は、別表第2のとおりとし、予算の範囲内において交付するものとする。

(交付申請)

第8条 この補助金の交付を受けようとするときは、尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金交付申請書(第1号様式)次の各号に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) パトロール実施計画書(第2号様式)

(2) 役員名簿

(3) 車検証(写)

(4) 車両の写真(車両番号、青色回転灯の装備が確認できるもの)

(交付決定及び通知)

第9条 市長は、補助金の交付の申請があったときは、その内容を審査し、補助金を交付すべきものと認めたときは、交付の決定をし、尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金交付決定通知書(第3号様式)により通知するものとする。

(補助対象事業の変更)

第10条 補助金の交付決定を受けた団体は、補助対象事業の内容変更又は経費の減額変更をしようとするときは、尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金変更交付申請書(第4号様式)を提出し、市長の承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の申請があった場合には、内容を審査し、速やかに尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金変更交付決定通知書(第5号様式)を送付する。

(実績報告)

第11条 補助金の交付決定を受けた団体は、補助事業が完了したとき又は当該補助金の交付の決定に係る市の会計年度が終了したときは、尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金実績報告書(第6号様式)に次に掲げる書類を添えて、市長が定める期日までに提出しなければならない。

(1) パトロール実績報告書(第7号様式)

(2) その他市長が必要と認める書類

(補助金の額の確定)

第12条 市長は、前条の実績報告に基づき補助金の額を確定し、尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金交付確定通知書(第8号様式)を交付申請団体に送付する。

(補助金の交付請求)

第13条 前条の規定による補助金の交付確定を受けた団体が補助金の交付を請求しようとするときは、尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金交付請求書(第9号様式)を市長に提出しなければならない。

(交付決定の取消し及び返還)

第14条 市長は、補助金の交付を受けた団体が次の各号のいずれかに掲げる事項に該当することが判明したときには、補助金の交付の決定を取り消し、又は既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(1) 偽り又は不正の手段により、補助金の交付を受けた事が判明したとき

(2) 事業全体を委託する場合

(3) 営利を目的とした場合

(4) 政治的行為及び宗教的行為を行ったと認められる場合

(5) 法令又は公序良俗に反する場合

(6) その他市長が適当でないと認める場合

(委任)

第15条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

1 この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

2 この要綱は、平成32年3月31日限り、その効力を失う。

別表第1(第6条関係)

費目

内容

報償費

防犯パトロール活動を実施した場合の謝礼、参加者の賞品

需用費

燃料費、消耗品費、印刷製本費

役務費

郵便料、保険料、手数料

備品購入費

防犯パトロール活動に必要な備品の購入

その他

上記以外の経費で補助事業の特性から市長が適当と認めるもの

別表第2(第7条関係)

補助金の額

年間当たりの延べ活動台数

補助額

1台から120台まで

20,000円

121台から180台まで

30,000円

181台から240台まで

40,000円

241台から300台まで

50,000円

301台から360台まで

60,000円

361台以上

70,000円

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市地域防犯パトロール活動費補助金交付要綱

平成29年3月31日 要綱等

(平成29年4月1日施行)