○尾張旭市在宅等訪問歯科診療実施要領

(目的)

第1条 対象者の口腔内を健康に保つことにより、全身の健康維持を図り、歯科保健医療の向上に努めることを目的とする。

(対象者)

第2条 対象者は、施設及び在宅寝たきり高齢者や心身障がい者など、歯科医療機関を来院し、治療を受けることができない市民とする。

(実施場所)

第3条 訪問先の患者宅又は患者が入所等をしている施設等(以下「患者宅等」という。)で行うものを対象とする。

(実施方法)

第4条 在宅等訪問歯科診療(以下「往診」という。」)を希望する市民に対し、尾張旭市歯科医師会(以下「歯科医師会」という。)に所属する歯科医師が往診するものとする。

(往診する歯科医師)

第5条 往診する歯科医師は、歯科医師会に所属する者とし、次のいずれかに該当する者とする。

(1) 当該患者又はその家族のかかりつけ歯科医師

(2) かかりつけ歯科医師のない場合又はかかりつけ歯科医師が往診できない場合は、歯科医師会担当理事(以下「担当理事」という。)より依頼を受けた往診協力歯科医師

(実施手順)

第6条 実施手順は、次によるものとする。

(1) 申込み

かかりつけ歯科医師又は尾張旭市健康福祉部健康課(以下「健康課」という。)で申し込むものとする。

 かかりつけ歯科医師に申込みのあった場合は、診療結果を担当理事に報告するものとする。

 健康課に申込みのあった場合は、在宅等訪問歯科診療申込書(第1号様式。以下「申込書」という。)を健康課から担当理事に渡し、担当理事は歯科医師会会員のうち協力する歯科医師に往診を依頼するものとする。なお、申込書は、その内容が申込書の様式に準ずるものであれば、他の様式であってもこれを申込書とみなすことができる。

(2) 初回訪問

 担当理事より依頼のあった歯科医師は、申込者と連絡をとり、患者宅等を訪問し、口腔内診査を行い、処置の可否を判断するものとする。

 処置が可能な場合は患者宅等で診療するものとする。

(3) 2回目以降の訪問

初回訪問で処置が可能と判断された患者には、引き続き診療をするものとする。

(4) 報告

往診を担当した歯科医師は、診療結果を担当理事に報告するものとする。また、担当理事は、診療結果報告の結果を集計し、健康課に報告しなければならない。

(診療時の注意事項)

第7条 診療時は、次の事項に注意するものとする。

(1) 患者の全身状態の把握に留意する。

(2) 観血処置を行う場合は、内科等主治医の協力を求める。

(3) 緊急時は、医科主治医又は救急隊に連絡する。

附 則

1 この要領は、平成30年4月1日から施行する。

2 この要領は、令和6年3月31日までの間に見直しを行うものとする。

3 尾張旭市在宅等訪問歯科診療実施要領(平成27年4月1日施行)は廃止する。

4 この要領による廃止前の尾張旭市在宅等訪問歯科診療実施要領の規定によってした報告等は、この要領の相当規定によってした報告等とみなす。

附 則

1 この要綱は、令和3年3月15日から施行し、令和3年度の予算に係る補助金から適用する。

2 令和2年度以前の予算に係る予算に係る補助金については、なお従前の例による。

画像

尾張旭市在宅等訪問歯科診療実施要領

平成30年2月21日 要綱等

(令和3年3月15日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 健康福祉部/ 健康課
沿革情報
平成30年2月21日 要綱等
令和3年3月15日 要綱等