○尾張旭市地域デイサービス事業補助金交付要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市補助金等交付規則(平成9年規則第15号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、市が交付する尾張旭市地域デイサービス事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付目的)

第2条 この補助金は、次条に規定する事業に助成を行うことにより、地域活動を促進するとともに、高齢者等の心身の維持向上を図ることを目的とする。

(補助対象事業等)

第3条 この補助金の補助対象事業の名称及び概要は、次の表に定めるとおりとする。

名称

補助対象事業の概要

地域デイサービス事業

地域において、身体的、精神的に虚弱な高齢者等の閉じこもりの防止、介護予防や仲間づくり、地域社会との交流を図るため、定期的に実施する事業

2 この補助金の交付団体(以下「補助団体」という。)は、別表に掲げる団体とする。

(補助対象経費)

第4条 この補助金の補助対象経費は、前条第1項の活動事業に要する経費のうち、次に掲げる経費を除いた経費とする。

(1) 飲食に要する経費

(2) 会員、関係者及び関係団体等に対する慶弔費、見舞金、激励金品、記念品など交際費及びこれに類する経費

(3) 積立金及び預金(周年記念事業等に対する計画的な積立てを含む。)

(4) 経常的な人件費

(5) 上部・下部団体などへの補助金、負担金等

(6) 会員相互の親睦、交流を目的とした研修会の実施に要する経費

(補助金の額)

第5条 この補助金の名称及び額は、別表に掲げるとおりとする。

(交付申請)

第6条 この補助金の交付を受けようとする補助団体は、補助金交付申請書(第1号様式)に、次に掲げる書類を添えて、市長が定める期日までに市長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書(第2号様式)

(2) 収支予算書(第3号様式)

(3) その他市長が必要と認める書類

(交付決定及び通知)

第7条 市長は、前条の申請があったときは、その内容を審査し、補助金を交付すべきものと認めたときは、予算の範囲内において交付の決定をし、補助金交付決定通知書(第4号様式)により、当該補助団体に通知しなければならない。

(補助金の請求及び交付)

第8条 市長は、補助団体の請求に基づき、補助金を交付するものとする。

2 補助事業の目的を達成するために市長が必要と認めたときは、交付すべき補助金の額の全部を前金払の方法で支払うことができる。

3 補助団体は、前項の規定により補助金の交付を受けようとするときは、補助金交付請求書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(実績報告)

第9条 補助団体は、補助事業が完了したとき又は当該補助金の交付の決定に係る市の会計年度が終了したときは、補助事業実績報告書(第6号様式)に次に掲げる書類を添えて、市長が定める期日までに当該補助事業の成果を市長に報告しなければならない。

(1) 事業報告書(第7号様式)

(2) 収支決算書(第8号様式)

(3) 活動資料、記録写真その他の補助事業の実施内容が確認できる資料

(4) 領収書の写しその他の収支決算書に記載した補助対象経費に係る支出の内容が確認できる資料

(5) 研修実績報告書(補助金により研修を実施した場合に限る。第9号様式)

(関係書類等の整備等)

第10条 補助団体は、補助事業に係る書類及び帳簿を常に整備し、補助完了の日の属する年度の翌年度から5年間保存しなければならない。

(委任)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

1 この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

2 この要綱は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。

別表(第3条及び第5条関係)

団体名

補助金名

補助金額

尾張旭市地域福祉を考える会「ぬくもり」

旭ふれあいサロン稲葉

尾張旭市地域デイサービス事業補助金

補助対象経費の2分の1に相当する額(その額が50,000円を超える場合は50,000円)を上限とする。

また、新たに事業を開始する団体に対しては、初年度準備のため50,000円を加算した額を補助する。

旭ふれあいサロン東部

旭ふれあいサロン平子

地域のふれあいを考える会

「こすもす」

つむぎの会

いきいきサロン吉岡あじさい

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市地域デイサービス事業補助金交付要綱

平成30年3月16日 要綱等

(平成30年4月1日施行)