○尾張旭市妊婦・産婦・乳児健康診査県外受診助成金交付要綱

尾張旭市妊婦・乳児健康診査県外受診助成金交付要綱(平成20年4月1日施行)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、妊産婦及び乳児の健康診査の受診費用の一部を助成することにより妊婦、産婦及び乳児健康診査(以下「妊婦・産婦・乳児健診」という。)を勧奨し、妊産婦及び乳児の健康保持増進及び異常の早期発見・早期治療を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条 助成対象者は、妊婦・産婦・乳児健診の受診日において本市に住所を有し、尾張旭市長が交付した妊婦健康診査受診票による妊婦健康診査を愛知県外の医療機関(国内に限る。)若しくは助産所(国内に限る。)(以下「県外医療機関等」という。)で受診した者又は尾張旭市長が交付した産婦健康診査受診票による産婦健康診査若しくは乳児健康診査受診票による乳児健康診査を愛知県外の医療機関(国内に限る。)で受診した者とする。

(助成額)

第3条 助成額は、助成対象者に交付した妊婦健康診査受診票、産婦健康診査受診票及び乳児健康診査受診票に記載された額とする。ただし、助成対象者が県外医療機関等に支払った額がこの額に満たない場合は現に支払をした額とする。

(助成の申請)

第4条 この要綱により助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、妊婦・産婦・乳児健診を受診した日から起算して1年以内に、妊婦・産婦・乳児健康診査県外受診助成金交付申請書(第1号様式。以下「申請書」という。)に県外医療機関等が記入した妊婦・産婦・乳児健康診査結果報告書及び妊婦・産婦・乳児健診に関わる領収書を添付して市長に提出するものとする。

(助成金の交付決定)

第5条 市長は、前条の規定により助成金の申請があったときは、速やかにその内容を審査し、妊婦・産婦・乳児健康診査県外受診助成金交付決定通知書(第2号様式。以下「交付決定通知書」という。)により通知する。また、助成を認めないときは妊婦・産婦・乳児健康診査県外受診助成金不交付決定通知書(第3号様式)により通知するものとする。

(助成金の請求及び支払)

第6条 前条の規定により、交付決定通知書の通知を受けた申請者は、市長に妊婦・産婦・乳児健康診査県外受診助成金請求書(第4号様式)を提出し、市長は、この請求書に基づき助成額を支払うものとする。

(実績報告書)

第7条 本事業における実績報告書は、申請書をもって代えるものとする。

(助成金の返還)

第8条 市長は、偽りその他不正の手段により助成金の支給を受けた者に対して、支給決定を取り消し、助成金の一部又は全部を返還させることができる。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に市長が定める。

附 則

1 この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

2 この要綱の施行の際、この要綱による改正前の尾張旭市妊婦・乳児健康診査県外受診助成金交付要綱第1号様式から第4号様式までによる用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

3 この要綱は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。

画像

画像

画像

画像

尾張旭市妊婦・産婦・乳児健康診査県外受診助成金交付要綱

平成30年3月22日 要綱等

(平成30年4月1日施行)