○全国植樹祭尾張旭市実行委員会規約

(名称)

第1条 本会は、全国植樹祭尾張旭市実行委員会(以下「実行委員会」という。)と称する。

(目的)

第2条 実行委員会は、第70回全国植樹祭の開催に当たり、全国植樹祭の関連事業(以下「関連事業」という。)が滞りなく実施されるための協力体制の確保及び本市を来訪される方を市民を挙げて歓迎することなどを、関係団体と連携して、総合的に取り組むことを目的とする。

(組織)

第3条 実行委員会は、前条の目的を達成するため、別表に掲げる職にある者を委員として構成する。

(役員)

第4条 実行委員会に次の役員を置く。

会長 1名

副会長 2名

監事 2名

2 会長は、市長をもってこれに充てる。

3 副会長及び監事は、会長が指名する。

(役員の職務)

第5条 会長は、実行委員会を代表し、会務を総理する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名した副会長がその職務を代理する。

3 監事は、実行委員会の会計を監査する。

(任期)

第6条 委員の任期は、第14条の規定により実行委員会が解散する日までとする。ただし、特別な事情が生じたときは、この限りではない。

2 委員が、就任時の所属機関又は団体の役職を離れたときは、その後任者が前任者の残任期間を務めるものとする。

(報酬)

第7条 委員は、無報酬とする。

(会議)

第8条 実行委員会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集し、会議の議長となる。

2 会議の議事は、出席委員の過半数で決定し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

3 会議は、事業計画及び事業報告の承認、予算及び決算の承認、規約の制定改廃等に関することを審議する。

(会議の公開)

第9条 会議は、公開するものとする。ただし、個人の秘密を保つために必要があると認めるとき、又は会議の公正が害されるおそれがあると認めるとき、その他公益上必要があると認めるときは、この限りでない。

(関連事業委員)

第10条 関連事業の実施に当たり、委員以外の者の協力が必要と認めるときは、実行委員会に、関連事業委員を置くことができる。

2 関連事業委員は、会長が指名する。

3 関連事業委員は、関連事業の実施に当たっての連絡調整、関連事業の実施運営及び関連事業の実施に関する報告を実施する。

(事務局)

第11条 実行委員会の事務局を、市民生活部全国植樹祭推進室に置く。

2 事務局に事務局長を置き、市民生活部長をもって充てる。

(予算)

第12条 実行委員会の経費は、負担金その他の収入をもって充てる。

(会計年度)

第13条 実行委員会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(解散)

第14条 実行委員会は、第2条の目的が達成され、会議において事業報告及び決算報告を行った後、解散する。

2 実行委員会の残余財産は、尾張旭市に帰属する。

(委任)

第15条 この規約に定めるもののほか、必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この規約は、平成30年3月13日から施行する。

別表(第3条関係)

全国植樹祭尾張旭市実行委員会委員

尾張旭市長

尾張旭市商工会会長

あいち尾東農業協同組合尾張旭地域総括理事

尾張旭金融協会会長

尾張旭市自治連合協議会会長

尾張旭市議会議長

尾張旭市観光協会会長

尾張旭ロータリークラブ会長

尾張旭ライオンズクラブ会長

一般社団法人尾張旭青年会議所理事長

尾張旭市地域婦人団体連絡協議会会長

尾張旭市文化協会会長

尾張旭市棒の手保存会会長

尾張旭市小中学校校長会会長

尾張旭市小中学校PTA連絡協議会会長

尾張旭市消防団団長

尾張旭市教育委員会教育長

全国植樹祭尾張旭市実行委員会規約

平成30年1月30日 要綱等

(平成30年3月13日施行)