○尾張旭市立公民館への掲示物に関する取扱要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市立公民館に掲示及び設置の依頼があったポスター、チラシ等(以下「掲示物」という。)の取扱いを円滑に進めるため、必要な事項を定めるものとする。

(掲示物の範囲)

第2条 掲示することのできる掲示物は、次の各号のいずれかに該当する、社会教育法(昭和24年法律第207号)第23条に抵触しないものとする。

(1) 各課等からの依頼のもの

(2) 国及び他の地方公共団体からの依頼のもの

(3) 本市及び本市教育委員会の後援、推薦等のあるもの

(4) 本市の公民館使用料減免団体が当該団体の活動等を周知するもの

(5) 公民館等で活動する団体が当該団体の会員募集や活動発表等を周知するもの

(6) その他公共性、公益性がある団体等の活動に関するもので、次のいずれかに該当するもの

 地域振興の促進及び市民の日常生活に寄与すると認められるもの

 ボランティア活動の促進に関するもの等、社会的に有益と認められるもの

(7) 前各号に掲げるもののほか、館長が認めたもの

(掲示の依頼)

第3条 掲示を依頼しようとする者は、公民館へのポスター等掲示依頼書(以下「掲示依頼書」という。別記様式)を館長に提出するものとする。ただし、郵送の場合は当該送付書をもって、又、団体等による任意の様式でも依頼することができる。

(地区公民館に直接依頼があった場合の取扱い)

第4条 地区公民館に直接掲示依頼があった場合で、第2条の規定に基づき疑義なく掲示できる場合は、当該公民館の職員が掲示するものとする。

(掲示方法及び掲示期間)

第5条 掲示物には、原則として掲示期間を記入するものとする。

2 掲示依頼書に掲示期間の記載がないものは、当該掲示物の行事、事業等の最終日までを掲示期間とする。

3 掲示できる期間は、最長で6月とする。

(掲示依頼者への告知事項)

第6条 掲示依頼者へは、掲示依頼書の記載内容等をもって、事前に次の事項を告知するものとする。ただし、郵送等の場合は適用外とする。

(1) 掲示依頼を受けても、掲示場所の都合により掲示できないこと及び掲示期間内に掲示物を撤去することがあること。

(2) 掲示期間後の掲示物は公民館で処分すること。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、掲示物に関する必要な事項は、館長が定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成31年5月1日から施行する。

画像

画像

尾張旭市立公民館への掲示物に関する取扱要綱

平成29年4月1日 要綱等

(令和元年5月1日施行)