○尾張旭市職員互助会に対する助成金交付要綱

(目的)

第1条 この要綱は、尾張旭市職員互助会(以下「互助会」という。)の健全な運営と発展を図るため、これに必要な経費として交付する助成金の交付手続きについて、必要な事項を定めることを目的とする。

(交付対象事業)

第2条 市長は、互助会が行う次に定める事業について、助成金を交付する。

(1) 福利厚生事業

(2) その他市長が認める事業

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、交付対象事業に要する経費の2分の1に相当する額とし、予算の範囲内を上限とする。

2 前項の額に1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

(助成金の請求)

第4条 互助会は、助成金の交付を受けようとするときは、請求書に市長が必要と認める書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(助成金の交付)

第5条 市長は、前条の請求があったときは当該請求に係る内容等を審査し、交付すべきものと決定したときは、速やかに助成金を交付する。

(助成金の前金払)

第6条 互助会は、助成金の10分の7の範囲内において、前払金を請求することができる。

2 市長は、前項に規定する請求があったときは、前金払により交付するものとする。

(助成金の運用)

第7条 助成金の交付を受けた互助会は、交付の目的に従って誠実かつ効率的に運用しなければならない。

2 互助会は、助成金の受入れ及びその使途を明らかにした帳簿、証拠書類等を備えておかなければならない。

(執行状況の報告)

第8条 市長は、必要があると認めるときは、互助会が行った事業について、その執行状況の報告を求めることができる。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成10年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

尾張旭市職員互助会に対する助成金交付要綱

平成3年4月1日 要綱等

(平成26年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 企画部/ 人事課
沿革情報
平成3年4月1日 要綱等
平成10年4月1日 要綱等
平成13年4月1日 要綱等
平成14年4月1日 要綱等
平成16年4月1日 要綱等
平成18年4月1日 要綱等
平成23年4月1日 要綱等
平成26年4月1日 要綱等