○尾張旭市予防接種費用助成金交付要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、予防接種法(昭和23年法律第68号。以下「法」という。)及び尾張旭市高齢者等肺炎球菌予防接種実施要綱(平成29年4月1日施行。以下「肺炎球菌予防接種要綱」という。)の規定に基づき、尾張旭市(以下「市」という。)が行う定期予防接種及び市が行政措置として行う任意予防接種(以下これらを「予防接種」という。)に関し、一般社団法人瀬戸旭医師会の会員で、予防接種業務委託契約に基づき市の予防接種業務に協力することを承諾した医療機関(以下「指定医療機関」という。)以外の医療機関(以下「指定外医療機関」という。)で実施される予防接種又は愛知県広域予防接種事業に協力する医師(以下「接種協力医師」という。)以外の医師(以下「指定外接種協力医師」という。)により実施される予防接種を受けた者に対し、予防接種費用助成金(以下「助成金」という。)を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。

(助成金の交付目的)

第2条 この助成金は、市が行う予防接種を指定外医療機関又は指定外接種協力医師のもとで接種した場合に、その費用の全部又は一部を助成することにより、予防接種を推進し、市民の公衆衛生の向上を図ることを目的とする。

(予防接種の対象者)

第3条 予防接種の対象となる者(以下「被接種者」という。)は、予防接種を受ける当日に、市に住民登録を有し、法及び肺炎球菌予防接種要綱に定める予防接種の対象者であって、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 市外に滞在し、指定医療機関又は接種協力医師のもとで予防接種を受けることが困難な者

(2) 施設等に入所し、指定医療機関又は接種協力医師のもとで予防接種を受けることが困難な者

(3) 重篤な疾患等により指定外医療機関に入院又は通院している者

(4) その他市長がやむを得ない特別の理由があると認めた者

(助成金額)

第4条 助成金の額は、予防接種に要した費用とし、別表に定める自己負担額がある場合は、その額を差し引いた額とする。ただし、同表に定める助成金限度額を限度とする。

(予防接種の申請)

第5条 指定外医療機関又は指定外接種協力医師のもとで予防接種を受けることを希望する者(以下「接種希望者」という。)は、事前に尾張旭市予防接種実施依頼書交付申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。ただし、市長がやむを得ない事情があると認める場合は、この限りでない。

(予防接種実施依頼書等の交付)

第6条 市長は、前条の申請書の提出があった場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは、尾張旭市予防接種実施依頼書(第2号様式)及び予防接種予診票を接種希望者に交付するものとする。

(受診方法)

第7条 前条の規定による依頼書の交付を受け予防接種を受ける者は、依頼書及び予診票を指定外医療機関又は指定外接種協力医師に提出し接種を受け、当該予防接種に要する費用を支払うものとする。

(助成金の交付申請)

第8条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、接種の日から起算して1年以内に次に掲げる書類を添えて、尾張旭市予防接種助成金交付申請書(第3号様式)を市長に提出しなければならない。

(1) 接種を受けた予防接種の予診票

(2) 接種を受けた医療機関の領収書(接種したワクチンが確認できるもの)

(3) 母子健康手帳や予防接種済証等の予防接種の記録が記載されているもの

(4) 申請者名義の預金通帳の写し

(5) 自己負担金免除者は、予防接種費用免除承認書

2 市長は、前項の申請書の提出があった場合は、その内容を審査し、助成金の交付又は不交付の決定を尾張旭市予防接種助成金交付決定通知書(第4号様式。以下「交付決定通知書」という。)又は尾張旭市予防接種助成金不交付決定通知書(第5号様式)により申請者に通知するものとする。

(助成金の請求)

第9条 前条に規定する交付決定通知書を受けた申請者は、速やかに尾張旭市予防接種助成金交付請求書(第6号様式)を市長に提出しなければならない。

(助成金の交付)

第10条 市長は、前条に規定する請求書の提出があった場合は、速やかに助成金を交付するものとする。

(助成金の返還)

第11条 市長は、偽りその他不正な行為によって助成金の交付を受けた者があるときは、助成金の交付決定を取り消し、既に交付した助成金があるときは、その全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成31年4月1日から施行し、助成金額は接種した日の属する年度の助成額を適用する。

2 平成28年4月1日から平成31年3月31日までの間に接種した予防接種に係る助成金については、効力を失う前の尾張旭市予防接種費用助成金交付要綱(平成28年4月1日施行)に定めるところによる。

3 この要綱は、平成34年3月31日限り、その効力を失う。

4 市長は、平成34年3月31日までにこの要綱の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。

別表(第4条関係)

尾張旭市予防接種助成金限度額


予防接種の種類

助成金限度額

適用

1

BCG

9,471円


2

B型肝炎

8,581円

1歳未満

3

ヒブワクチン

10,721円


4

小児用肺炎球菌ワクチン

14,007円


5

ポリオ(不活化ワクチン)

12,117円

6歳未満

10,389円

6歳以上

6

4種混合

13,251円

6歳未満

11,523円

6歳以上

7

3種混合

7,862円

6歳未満

6,134円

6歳以上

8

2種混合(1期)

7,653円

6歳未満

5,925円

6歳以上

9

2種混合(2期)

5,925円


10

麻しん風しん混合

12,837円

6歳未満

11,109円

6歳以上

11

麻しん

9,306円

6歳未満

7,578円

6歳以上

12

風しん

9,306円

6歳未満

7,578円

6歳以上

13

水痘

11,109円


14

日本脳炎

9,759円

6歳未満

8,031円

6歳以上

15

子宮頸がん予防ワクチン

17,463円


16

高齢者インフルエンザ

3,043円

自己負担額 1,200円

4,243円

自己負担金免除者

17

高齢者等肺炎球菌ワクチン

6,096円

自己負担額 2,500円

8,596円

自己負担金免除者

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

尾張旭市予防接種費用助成金交付要綱

平成31年3月12日 要綱等

(平成31年4月1日施行)