○尾張旭市市民活動促進助成事業(市制50周年記念部門)候補選定要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市市民活動促進助成金(市制50周年記念部門)交付要綱(令和2年4月1日施行)第10条第2項の規定に基づき、尾張旭市市民活動促進助成事業(市制50周年記念部門)候補選定会議(以下「候補選定会議」という。)が事業候補を選定する際の基準及び方法を定めるものとする。

(候補選定基準)

第2条 候補選定会議の構成員(以下「候補選定員」という。)は、次に掲げる項目を主眼に置き、事業候補を選定するものとする。

評価項目

内容

項目1

公益性

応募団体の構成員又は特定の人が対象となるものではなく、広く尾張旭市民に開かれた事業であるか。

項目2

市民性

広く市民の共感が得られる内容か。

市民が参加しやすい事業であるか。

項目3

効果性

波及効果が期待できる活動であるか。

項目4

実現性

計画の内容、実施方法及びスケジュールが具体的に提示されており、整合性がとれているか。

収支計画が実現可能で妥当な事業であるか。

項目5

独自性

団体の専門性をいかした特色ある取組であるか。

項目6

連携性

世代、地域等、幅広い交流が図られているか。

他団体、企業、行政、地域等との連携が図られているか。

(候補選定方法)

第3条 候補選定員は、前条の評価項目について次に掲げる5段階評価を行い、得点を付けるものとする。

評価

得点

特に優れている。

5点

優れている。

4点

普通。

3点

もう少し努力が必要である。

2点

努力が必要である。

1点

2 候補選定会議は、前項の結果に基づき事業を総合的に評価するとともに、候補選定員全員の平均得点により次に掲げる評価率を算出する。

平均得点

評価率

22点以上

100%

18点以上22点未満

70%

18点未満

0%

(候補選定意見の提示)

第4条 候補選定会議の会長は、候補選定終了後、速やかに候補選定の意見を市長に提示するものとする。

附 則

1 この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

2 この要綱は、令和3年3月31日限り、その効力を失う。

尾張旭市市民活動促進助成事業(市制50周年記念部門)候補選定要綱

令和2年1月24日 要綱等

(令和2年4月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 市民生活部/ 市民活動課
沿革情報
令和2年1月24日 要綱等