○学校運営支援員等配置要綱

(目的)

第1条 この要綱は、尾張旭市立小中学校において障がい等により支援を必要とする児童生徒に適切な教育的支援を行い、学校運営を円滑にするため、学校運営支援員及び学校運営補助員(以下「支援員等」という。)の配置について必要な事項を定めるものとする。

(配置条件)

第2条 支援員等の配置については、次の各号のいずれかに該当する場合について行うことができるものとする。

(1) 特別支援学級において児童生徒の生活支援や学習支援の必要があるとき。

(2) 特別な配慮を必要とする児童生徒の生活支援や学習支援の必要があるとき。

(3) 校外学習や実習、調査等の体験的学習活動等における児童生徒の安全指導と学習支援の必要があるとき。

(4) 身体等の障がいにより児童生徒の介助支援の必要があるとき。

(5) その他、学校運営支援及び教育活動の支援の必要があるとき。

(支援員等の配置)

第3条 支援員等の配置を希望する学校の校長(以下「校長」という。)は、支援員等配置申請書(第1号様式)を尾張旭市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出するものとする。

2 教育委員会は、前項の申請書を受理したときは、その内容を精査し、適当と認めたときは、予算の範囲内で配置を決定するものとする。

(配置決定通知)

第4条 教育委員会は、支援員等の配置を決定したときは、速やかに支援員等配置決定通知書(第2号様式)により校長に通知するものとする。

(勤務日等)

第5条 支援員等の勤務日及び勤務時間は、教育委員会が別に定める。

2 支援員等の勤務日及び勤務時間の変更は、支援員等の配置を受けた校長が事前に教育委員会と協議して決める。

(勤務内容の変更)

第6条 校長は、支援員等の勤務内容等に変更があるときは、速やかに教育委員会に報告し、その指示を受けなければならない。

(報告)

第7条 校長は、支援員等配置結果報告書(第3号様式)を3月末に教育委員会に提出しなければならない。

(その他)

第8条 この要綱に定めるものの他必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱に基づく支援員等配置のための手続は、この要綱の施行前においても行うことができる。

画像

画像

画像

学校運営支援員等配置要綱

令和2年3月10日 要綱等

(令和2年4月1日施行)