○尾張旭市住民基本台帳カードに関する事務取扱要領

(趣旨)

第1条 この要領は、住民基本台帳事務処理要領に定めるもののほか、住民基本台帳カードの交付等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(住民基本台帳カードの仕様)

第2条 住民基本台帳カードの仕様については、次の2様式とする。

(1) A様式(第1号様式)は、カードの表面に住民基本台帳カードである旨の表示、県市名、市の花、有効期限、氏名及び連絡先を、裏面に追記領域及び注意書きを記載する。

(2) B様式(第2号様式)は、カードの表面に住民基本台帳カードである旨の表示、県市名、市の花、有効期限、顔写真、生年月日、性別、氏名、住所及び連絡先を、裏面に追記領域及び注意書きを記載する。

2 希望者には、点字エンボス加工を施すことができる。

(暗証番号の変更)

第3条 暗証番号を変更しようとするときは、申請書(第3号様式)に住民基本台帳カードを添え、本人が市長に申請しなければならない。

(住民基本台帳カードの廃止)

第4条 住民基本台帳カード所持者は、登録を廃止しようとするときは、申請書(第3号様式)に住民基本台帳カードを添え、本人が市長に返納しなければならない。

2 前項の規定による申請を本人が行うことができないときは、委任の旨を証する書面を添えて、代理人により行うことができる。

(住民基本台帳カードの一時停止と解除)

第5条 住民基本台帳カード所持者が、住民基本台帳カードを紛失したときは、一時停止のため申請書(第3号様式)により申請しなければならない。

2 前項で申請した者が、紛失したカードを発見したときは、速やかに市長に住民基本台帳カード一時停止解除のため申請書(第3号様式)により申請しなければならない。

(文書の保存年限)

第6条 住民基本台帳カードに関する文書の保存年限は、その受理された日の属する年の翌年度から10年とする。

(委任)

第7条 この要領に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

1 この要領は、平成15年8月25日から施行する。

2 この要領は、平成37年12月27日限り、その効力を失う。

1 この要領は、平成21年9月1日から施行する。

2 この要領の施行の際、現に申請を受理しているものに係る住民基本台帳カードの交付事務については、なお従前の例による。

1 この要領は、平成23年1月1日から施行する。

2 この要領の施行の際、現に申請を受理しているものに係る住民基本台帳カードの交付事務については、なお従前の例による。

この要領は、平成28年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

尾張旭市住民基本台帳カードに関する事務取扱要領

平成15年8月25日 要綱等

(平成28年1月1日施行)

体系情報
要綱・要領等/ 市民生活部/ 市民課
沿革情報
平成15年8月25日 要綱等
平成21年9月1日 要綱等
平成23年1月1日 要綱等
平成28年1月1日 要綱等