○尾張旭市予防接種費用徴収取扱要綱

(要旨)

第1条 この要綱は、予防接種法(昭和23年法律第68号。以下「法」という。)に基づき市長が実施する予防接種に要する費用の徴収に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象とする予防接種)

第2条 この要綱において対象とする予防接種は、法第2条第3項に規定するB類疾病のうち、次に掲げるものとする。

(1) 高齢者等インフルエンザ

(2) 高齢者等肺炎球菌

(費用の徴収)

第3条 市長は、予防接種を受けた者又はその扶養義務者(民法(明治29年法律第89号)に定める扶養義務者をいう。)から、当該予防接種に要する費用の一部(以下「徴収金」という。)を徴収する。

(徴収金の額)

第4条 前条の規定による徴収金の額は、次のとおりとする。

(1) 高齢者等インフルエンザ 1,200円

(2) 高齢者等肺炎球菌 2,500円

(徴収金の納付)

第5条 徴収金は、予防接種を受けたときに納付するものとする。

(徴収金の免除)

第6条 市長は、予防接種を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、徴収金を免除することができる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯に属する者

(2) その他市長が特に必要と認める者

(徴収金の免除の申請)

第7条 前条の規定により徴収金の免除を受けようとする者は、予防接種徴収金免除申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

(徴収金の免除の決定)

第8条 市長は、前条の規定により提出された申請書の内容を審査し、予防接種徴収金免除決定通知書(第2号様式)により申請者に審査結果を通知するものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年10月1日から施行する。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際、この要綱による改正前の各要綱等の規定に基づいて作成されている申請書その他の用紙で、現に残存するものは、この要綱の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

画像

画像

尾張旭市予防接種費用徴収取扱要綱

平成28年10月1日 要綱等

(令和3年4月1日施行)