○尾張旭市立図書館資料の取次サービスに関する取扱要領

(目的)

第1条 この要領は、尾張旭市立図書館(以下「図書館」という。)の館外貸出利用者(以下「利用者」という。)の利便性向上を目指し、予約申込みにより館外貸出しを行った図書館資料(以下「資料」という。)及び利用者からの返却資料を地区公民館等(以下「公民館等」という。)で相互に取り次ぐため、必要な事項を定めることを目的とする。

(場所)

第2条 取次ぎを行う場所は、別表に定める公民館等の事務室とする。

(時間)

第3条 取次ぎを行う時間は、原則として公民館等の開館日の午前9時から午後9時までとする。

(利用者の要件)

第4条 取次サービスを利用することができる者は、次に掲げる者とする。

(1) 図書館の館外貸出券(以下「貸出券」という。)の交付を受けた者。ただし、団体貸出利用者(尾張旭市立図書館の管理運営に関する規則(昭和56年教育委員会規則第2号)第8条第1項に掲げるもの)は、利用することができない。

(2) その他図書館長(以下「館長」という。)が特に認めた者

(対象資料)

第5条 取次ぎの対象となる資料は、次に掲げるものとする。

(1) 貸出資料

利用者が図書館に予約申込みをした資料で、公民館等での受取希望をあらかじめ申し出たもの

(2) 返却資料

図書館が利用者に貸し出した資料

(対象外資料)

第6条 取次ぎの対象外となる資料は、次に掲げるものとする。ただし、その他館長が認めたものについては、この限りでない。

(1) 大型本

(2) 相互貸借本

(3) 愛知県図書館から館外取次貸出しを受けた録音資料

(留置期間)

第7条 公民館等での予約資料の留置期間は、図書館システムでの貸出処理日を含めて原則15日以内とする。

2 公民館等の職員(管理業務受託者を含む。以下「公民館等の職員」という。)は、取置期間が過ぎても予約した利用者が受け取りに来なかったときは、図書館へ連絡するものとする。

(公民館等での貸出し)

第8条 公民館等の職員は、資料の取次ぎを受けようとする者から予約者の貸出券の提示を受けたときは、公民館等予約資料搬送票(以下「搬送票」という。)(様式1)を渡し、記載してもらうものとする。

2 公民館等の職員は、前項の貸出券と搬送票を照合した上で、取り次いだ資料を貸し出すものとする。

(公民館等での返却)

第9条 公民館等で資料の返却をしようとする者は、返却資料に図書館資料返却票(以下「返却票」という。)(様式2)を添えて、公民館等の職員に手渡すものとする。

2 公民館等の職員は、前項の返却資料及び返却票を照合して受領し、図書館が用意した保管箱で保管するとともに、図書館の直近の開館日の午前10時30分までに、メール又はファクシミリにより図書館へ連絡するものとする。

(資料等の回収)

第10条 図書館の職員は、前条第2項の規定による連絡を受けたときは、速やかに返却資料、搬送票及び返却票を回収し、回収点数記録表(様式3)に記入するものとする。

(回収後の処理)

第11条 図書館の職員は、図書館において、前条の規定により回収した資料等に必要な事務処理を行う。

(1) 返却資料は、直ちに図書館システムで返却処理を行う。

(2) 搬送票及び返却票は、尾張旭市文書取扱規定(平成5年訓令第7号)第31条第4項の規定により、速やかに廃棄処分をする。

(3) 回収点数記録票は、統計処理後において、前号と同様とする。

(委任)

第12条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は館長が定める。

この要領は、平成29年4月1日から施行する。

この要領は、平成31年4月25日から施行する。

この要領は、令和2年1月5日から施行する。

別表(第2条関係)取次ぎを行う公民館等

施設名

尾張旭市三郷公民館

尾張旭市藤池公民館

尾張旭市瑞鳳公民館

尾張旭市平子公民館

尾張旭市本地原公民館

尾張旭市渋川公民館

尾張旭市白鳳公民館

尾張旭市旭丘公民館

尾張旭市新池交流館

尾張旭市東部市民センター

画像

画像

画像

尾張旭市立図書館資料の取次サービスに関する取扱要領

平成29年4月1日 要綱等

(令和2年1月5日施行)