○尾張旭市一時預かり利用者負担軽減事業費(指定管理)補助金交付要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾張旭市補助金等交付規則(平成9年規則第15号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、尾張旭市一時預かり利用者負担軽減事業費(指定管理)補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 指定管理園 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例(昭和62年条例第21号)第12条第1項の規定により市長が指定する指定管理者が管理運営する保育所

(補助対象経費)

第3条 補助金の対象となる経費は、条例別表備考1の規定を適用した場合に減収となった特別保育料とする。

(補助対象者)

第4条 補助金の交付対象者は、一時預かりを実施する指定管理園とする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、次の表に定める額とする。

年齢区分

日額上限

3歳未満児

2,100円

3歳児

1,000円

4歳以上児

840円

(交付申請)

第6条 この補助金の交付を受けようとする者は、補助金交付申請書兼請求書(第1号様式)を市長が定める期日までに市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第7条 市長は、前条の補助金の交付の申請があったときは、その内容を審査し、補助金を交付すべきものと認めたときは、補助金の交付の決定をし、規則第4条第1項の補助金等交付決定通知書により通知するものとする。

(補助金の交付)

第8条 市長は、補助金交付決定後、速やかに申請者に対し、補助金を交付するものとする。

(補助金の返還等)

第9条 市長は、偽りその他不正な手段により補助金を受けた者があるときは、その者が既に受けた補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

1 この要綱は、令和5年3月30日から施行し、令和4年4月1日から適用する。

2 この要綱は、令和6年3月31日までの間に見直しを行うものとする。

画像画像

尾張旭市一時預かり利用者負担軽減事業費(指定管理)補助金交付要綱

令和5年3月30日 要綱等

(令和5年3月30日施行)