○尾鷲市監査委員事務局処務規程

昭和40年7月1日

監査委員告示第3号

(通則)

第1条 尾鷲市監査委員事務局(以下「事務局」という。)の事務処理については、この規程の定めるところによる。

(職務)

第2条 事務局長は、監査委員の命を受け、事務局の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局長に事故あるとき、又は欠けたときは、代表監査委員の指定した書記がその職務を代理する。

3 書記その他の職員は上司の指揮を受け、監査委員に関する事務に従事する。

(局長の専決事項)

第3条 事務局長は、尾鷲市事務専決規程(昭和48年尾鷲市規程第6号)に定める課長(相当職)専決事項に準じ、その所掌する事務を専決することができる。

(公印)

第4条 監査委員及び事務局長の公印は、別表のとおりとする。

(補則)

第5条 この規程に定めるもののほか、事務局の事務処理については、尾鷲市公印規則の規定を準用する。

附 則

この規程は、昭和40年7月1日から施行する。

附 則(平成12年3月28日監査委規程第1号)

この規程は、平成12年4月1日より施行する。

別表(第4条関係)

監査委員の印

事務局長の印

画像

れい書

縦横21ミリメートル

画像

れい書

縦横21ミリメートル

尾鷲市監査委員事務局処務規程

昭和40年7月1日 監査委員告示第3号

(平成12年4月1日施行)

体系情報
第2類 議会・選挙・監査/第3章
沿革情報
昭和40年7月1日 監査委員告示第3号
平成12年3月28日 監査委員規程第1号