○尾鷲市立公民館条例

昭和55年3月26日

条例第11号

(趣旨)

第1条 この条例は、社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第24条の規定に基づき、公民館の設置及び管理等に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本市に次の公民館を設置する。

名称

位置

尾鷲市立中央公民館

尾鷲市中村町10番41号

2 前項に規定するもののほか必要に応じ分館を置くことができる。

(職員)

第3条 中央公民館に館長のほか、主事、その他必要な職員を置く。

(公民館運営審議会)

第4条 中央公民館に公民館運営審議会(以下「審議会」という。)を置く。

2 前項に規定する審議会委員は、次の各号に定めるもののうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験のある者

(委員の定数及び任期)

第5条 前条第2項に定める審議会委員の定数は、それぞれ12名以内とする。

2 委員の任期は2年とする。ただし補欠による委員の任期は前任者の残任期間とし、再任を妨げない。

3 公職又は各種団体等の役員の資格によって委嘱されたものについては、その役職を退いた場合、委員を辞職したものとみなす。

(施設設備の使用)

第6条 公民館の施設又は設備は公民館事業実施のため、本市住民の公共的利用に供する以外にこれを使用してはならない。ただし、教育委員会は館長の意見を徴して公民館の事業実施にさしつかえないと認める時は、その施設又は設備の使用を許可することができる。

(使用料)

第7条 公民館を使用しようとする者は、「別表」に定める額の使用料を納入しなければならない。ただし、教育委員会において特別の理由があると認めたときはこれを減免することができる。

(経費)

第8条 公民館の経費は市費、補助金、寄附金及びその他の収入をもってこれに充てる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は規則で定める。

附 則

1 この条例の施行期日は、規則で定める。

(昭和55年6月教育委員会規則第2号で、同55年6月20日から施行)

2 尾鷲市立公民館設置条例(昭和33年7月1日尾鷲市条例第4号)、尾鷲市立公民館使用条例(昭和29年10月11日尾鷲市条例第10号)は、この条例施行の日に廃止する。

3 この条例施行の際、現に審議会委員であった者及び新たに委嘱する審議会委員の任期は昭和57年3月31日までとする。

附 則(平成6年12月26日条例第14号)

この条例は、公布の日から施行し、平成6年11月16日から適用する。

附 則(平成9年3月24日条例第9号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月25日条例第11号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月25日条例第16号抄)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、平成10年1月1日から適用する。

附 則(平成11年3月23日条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月17日条例第7号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日条例第8号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日条例第3号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年7月6日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第7条関係)

1 中央公民館

(1) 施設使用料

区分

午前

(9:00~12:00)

午後

(13:00~17:00)

夜間

(18:00~21:00)

全日

(9:00~21:00)

講堂

4,000円

4,000円

5,000円

11,000円

大会議室

1,000円

1,000円

1,300円

3,000円

中会議室

700円

700円

1,000円

2,000円

小会議室

700円

700円

1,000円

2,000円

講座室

700円

700円

1,000円

2,000円

和室

1,500円

1,500円

2,000円

4,000円

図工室

1,500円

1,500円

2,000円

4,000円

調理室

1,500円

1,500円

2,000円

4,000円

視聴覚室

2,000円

2,000円

2,500円

6,000円

陶芸室

2,000円

2,000円

2,500円

6,000円

冷暖房料金は教育委員会が別に定める。

(2) 設備使用料

ピアノ

1回 1,000円

映写機(講堂用)

1回 1,000円

拡声装置(講堂用)

1回 1,000円

照明(センターピンスポット)

1回 1,000円

プロジェクター

1回 1,000円



○ 使用料は午前、午後、夜間使用時間を1回、全日を3回として徴収する。

○ 上記に記載のないものは、教育委員会が別に定める。

(3) 陶芸窯使用料

陶芸窯

本焼き1回 10,000円

素焼き1回 4,000円

上記に記載のないものは、教育委員会が別に定める。

尾鷲市立公民館条例

昭和55年3月26日 条例第11号

(平成28年7月6日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和55年3月26日 条例第11号
平成6年12月26日 条例第14号
平成9年3月24日 条例第9号
平成10年3月25日 条例第11号
平成10年3月25日 条例第16号
平成11年3月23日 条例第4号
平成12年3月17日 条例第7号
平成21年3月30日 条例第8号
平成24年3月30日 条例第3号
平成28年7月6日 条例第21号