○尾鷲市青年の家「和光荘」管理運営規則

昭和41年8月9日

教育委員会規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、尾鷲市青年の家「和光荘」(以下「青年の家」という。)条例に基づき青年の家の管理運営に関する事項を定める。

(運営委員会)

第2条 青年の家の適正な管理運営をはかるため青年の家運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(委員会の組織)

第3条 委員会は次に掲げる者をもって組織する。

(1) 生涯学習課長、政策調整課長

(2) 社団法人教育文化協会代表者 若干名

(3) 学識経験者 若干名

2 委員会の委員は教育委員会が委嘱する。

(委員の任期)

第4条 委員会の委員の任期は、その職に在任する期間とする。

(会議)

第5条 委員会の会議は教育長がこれを召集し、主宰する。

(利用者)

第6条 青年の家を利用できる者は、次の各項に該当する者とする。

2 それぞれ次の各号の者を構成員とする責任者のはっきりした青少年団体

(1) 青少年団体の団員

(2) 会社、工場等の職業の勤労青少年

(3) 青年学級の学級生

(4) 学校の児童、生徒あるいは学生

3 研修を目的とする次の各号に相当する者の団体

(1) 青少年団体の指導者

(2) 会社、工場等において職場における青少年の指導等に責任をもっている者

(3) 社会教育において青少年の指導等に関係のある者

(4) 教職員

(5) 青少年の厚生、福祉、補導、教護等に関係のある者

4 一般社会教育団体で責任者のはっきりしているもの

5 社団法人教育文化協会会員

6 その他青年の家の所長が認めたもの

(利用者の責任)

第7条 青年の家の利用者は別に定める手続きと、利用者心得をよくまもり、青年の家目的達成に努めなければならない。

(利用の申込み)

第8条 青年の家を利用しようとするものは、所定の申込書により事前に申込むこと。

2 青年の家に講師のあっせんを依頼する必要のあるときは、少なくとも2週間前に申込むこと。

(申込みに対する通知)

第9条 前条の申込みがあった場合は、申込み責任者に対して、できるだけ速やかに諾否を通知するものとする。

(使用料、食費等)

第10条 使用料及び宿泊料は条例で定めるほか別表の料金を徴収する。

2 食費は別に定める基準により利用者において支払うものとする。

(破損等に対する責任)

第11条 青年の家の利用者が青年の家の施設、設備を破損し、又は紛失した場合には当事者又は団体責任者が原形回復の責に任ずることを原則とする。

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか必要なことは青年の家の所長が定める。

附 則

この規則は、昭和41年9月1日から施行する。

附 則(昭和49年9月25日教委規則第3号)

この規則は、昭和49年10月1日より施行する。

附 則(昭和50年6月24日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和50年10月1日から適用する。

附 則(昭和52年3月11日教委規則第1号)

この規則は、昭和52年7月1日から適用する。

附 則(昭和56年9月27日教委規則第5号)

この規則は、昭和56年10月1日から施行する。

附 則(平成元年2月3日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年1月10日から適用する。

附 則(平成2年3月27日教委規則第2号)

この規則は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成13年2月7日教委規則第9号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第9号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月27日教委規則第1号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第10条関係)

宿泊料

(1) 小・中学校児童、生徒及びその指導者

1人1泊

400円

(2) 青少年団体及びその指導者

1人1泊

800円

(3) その他一般成人

1人1泊

1,000円

ただし、市、市教育委員会の主催事業及び(1)のうち市内小、中学校管理下のものは無料、(2)のうち市青少年団体のものは特別に考慮する。

使用料

(1) 集会室及び会議室使用料

会議等に利用する場合

9:00~12:00

1人

50円

13:00~17:00

1人

50円

18:00~21:00

1人

50円

(2) 暖房使用料

暖房使用の場合は(1)の使用料と同額とする。

ただし、(1)のうち市、市教育委員会の主催事業については無料とする。

食事料

朝食

1人

400円

昼食

1人

400円

夕食

1人

800円

・ 食事代は主食料金を含む。

・ 特別食の希望にも応じる。

尾鷲市青年の家「和光荘」管理運営規則

昭和41年8月9日 教育委員会規則第1号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和41年8月9日 教育委員会規則第1号
昭和49年9月25日 教育委員会規則第3号
昭和50年6月24日 教育委員会規則第5号
昭和52年3月11日 教育委員会規則第1号
昭和56年9月27日 教育委員会規則第5号
平成元年2月3日 教育委員会規則第1号
平成2年3月27日 教育委員会規則第2号
平成13年2月7日 教育委員会規則第9号
平成17年3月31日 規則第9号
平成30年3月27日 教育委員会規則第1号