○尾鷲市簡易住宅管理規則

昭和46年11月22日

規則第21号

(目的)

第1条 この規則は、尾鷲市簡易住宅設置条例(昭和46年尾鷲市条例第25号)によって設置された尾鷲市坂場簡易住宅(以下「住宅」という。)の管理運営について定めることを目的とする。

(入居手続)

第2条 住宅に入居を希望する者は、別に定める住宅入居願(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

第3条 前条の願出があったときは、市長は速やかに可否を決定し、その旨を通知しなければならない。

(誓約書)

第4条 入居を許可せられた者は、入居3日前に誓約書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(入居者の規律)

第5条 入居者は親和の精神を基調とし、次の規律を守らなければならない。

(1) 礼儀を重んじ共同生活上入居者に迷惑をかけるような行為をしないこと。

(2) 住宅の構造を変更したり物置小屋等の増設をしないこと。

(3) 自己の住宅を他の者に転貸し又は同居せしめ、あるいは代人を住まわせないこと。

(4) 社会福祉事務所職員の指示指導に従うこと。

(5) 火災予防上、特に火気の取扱いには最大の注意をすること。

(施設の管理)

第6条 市長は、施設の管理上必要があると認めるときは、職員を指定して随時入居者に必要な指示をあたえ、適当な指導をさせることができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

尾鷲市簡易住宅管理規則

昭和46年11月22日 規則第21号

(昭和46年11月22日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和46年11月22日 規則第21号