○尾鷲市林業振興関係補助金交付規程第3条第2項の規定による算定基準

昭和36年4月1日

実施

一 同一面積における針葉樹林と広葉樹林の受益比率を針葉樹林8、広葉樹林2、とする。

二 当該林道の利用地域内の山林面積を針葉樹林及び広葉樹林に分割し、その各々に占める市有林の割合をもって算出する。

三 前項により算出するための公式を次のとおり定める。

A=県費補助金及び規程第3条第1項及び2項の合計額を除いた地元負担額

a=広葉樹のうち市有林面積

b=広葉樹のうち市有以外の山林面積

c=針葉樹のうち市有林面積

d=針葉樹のうち市有以外の山林面積

e=広葉樹林に対する市有林受益負担相当額

f=広葉樹林に対する民間林受益負担相当額

g=針葉樹林に対する市有林受益負担相当額

h=針葉樹林に対する民間林受益負担相当額

i=e+g

画像

画像

画像

画像

尾鷲市林業振興関係補助金交付規程第3条第2項の規定による算定基準

昭和36年4月1日 実施

(昭和36年4月1日施行)

体系情報
第9類 業/第2章
沿革情報
昭和36年4月1日 実施