○尾鷲市住居表示に関する条例施行規則

昭和39年6月22日

規則第8号

(目的)

第1条 この規則は、尾鷲市住居表示に関する条例(昭和39年尾鷲市条例第19号)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(住居表示台帳)

第2条 住居表示の適正を期するため、市に住居表示台帳を備えなければならない。

2 街区符号及び住居番号をつけ、変更し又は廃止した場合においては、直ちに住居表示台帳を修正しなくてはならない。

3 市長は、関係人から請求があったときは、前項の住居表示台帳又はその写を閲覧させなければならない。

(街区、住居表示板の整備)

第3条 既につけられた街区、住居表示板が著しく破損又はその他の理由で付替を必要とする場合は、関係人は速やかに再交付の申請を市長にしなくてはならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、住居表示台帳に基づいて、また必要があれば実地に調査して、当該表示板を新しく付定しなければならない。

(街区、住居表示板の様式等)

第4条 街区並びに住居表示板の様式は、様式第1号によるものとする。

(文書の様式)

第5条 次の各号に掲げる文書の様式は、当該各号の定めるところによる。

一 住居番号付定申請書 様式第2号

一 住居出入口通路変更届 様式第3号

一 住居番号付定、変更、廃止、決定通知書 様式第4号

一 住居番号修正申請書 様式第5号

一 住居表示廃止届 様式第6号

一 住居表示板再交付申請書 様式第7号

附 則

この規則は、昭和39年8月1日から施行する。

附 則(平成8年9月25日規則第21号)

この規則は、平成8年10月1日から施行する。

附 則(平成9年9月25日規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

尾鷲市住居表示に関する条例施行規則

昭和39年6月22日 規則第8号

(平成9年9月25日施行)