○教育委員会への市長の権限に属する事務の委任に関する規則

平成27年10月2日

規則第24号

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2に基づき、同法149条及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第22条の規定による事務のうち、この規則の定めるところによりその権限に属する事務の一部を、教育委員会に対して委任する。

第2条 前条の規定による委任事務であっても、異例に属し、又は、特に重要と認められる事案については、市長の指揮を受け又は必要に応じて報告しなければならない。

第3条 教育委員会に委任する事務は次のとおりとする。

(1) 予算の範囲内で、1件150万円以下の支出を伴う事件の決定に関すること。

(2) 不用品の売却に関するもののうち、1件の金額50万円以下のもの

(3) 教育に関する収入調定及び1件500万円以下の支出命令に関すること。

(4) 報酬、給料、手当、旅費その他既定給与の支出命令に関すること。

(5) 150万円以下の市が支出する負担金、補助、及び交付金の交付決定に関すること。

(6) 教育委員会の所管に属する公の施設の使用料の徴収及び減免に関すること。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

教育委員会への市長の権限に属する事務の委任に関する規則

平成27年10月2日 規則第24号

(平成27年10月2日施行)

体系情報
第7類 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成27年10月2日 規則第24号