○尾鷲市学校施設の開放に関する条例施行規則

平成31年3月29日

教育委員会規則第1号

尾鷲市立小学校及び中学校の施設の開放に関する規則(昭和52年教育委員会規則第4号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、尾鷲市学校施設の開放に関する条例(平成31年尾鷲市条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(開放日時)

第2条 条例第3条に規定する学校施設を開放する日は、1月4日から12月28日までとし、開放する時間は別表1に定めるとおりとする。

2 尾鷲市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、当該学校長の意見を聴き、必要と認めた場合は、前項に定める開放する日時を変更することができる。

(団体登録)

第3条 学校施設を使用しようとする者は、学校施設使用団体登録申請書(様式第1号)を教育委員会に提出し、その承認を受けなければならない。

2 教育委員会は、前項の規定により登録を承認したときは、学校施設使用団体登録書(様式第2号)前項の規定により申請があった団体に交付するものとする。

3 団体登録をすることができる団体は、次の各号に掲げるいずれにも該当しなければならない。

(1) 主としてスポーツ、文化活動、地域活動等を目的とした団体であること。

(2) 市内在住者、在勤者の5名以上で構成していること。

(3) 代表者が18歳以上の市内在住者であること。

(4) 営利を目的としない活動であること。

(5) 高校生のサークル活動を目的とした団体でないこと。

(7) 公序良俗に反する活動を目的とした団体でないこと。

(8) 宗教上の組織又は宗教活動を目的とした団体でないこと。

(登録の取消し)

第4条 教育委員会は、登録された団体が次の各号に該当したときは、登録を取消すものとする。

(1) 虚偽の申請に基づいて、登録した事実を発見したとき。

(2) 条例又はこの規則に違反したとき。

(3) その他登録団体として不適格と認めたとき。

(使用の手続等)

第5条 学校施設を使用しようとする者は、学校施設使用申請書(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。ただし、子どもの遊び場として運動場を使用する場合(小学生、中学生及び付添人のある幼児が遊び場として校庭を使用する場合をいう。以下同じ。)は、団体登録、使用申請及び許可を要しない。

2 教育委員会は、前項に規定する申請があったときはこれを審査し、許可するときは、学校施設使用許可書(様式第4号)(以下、「使用許可書」という。)を交付するものとし、許可しないときは、その旨を申請した者に通知しなければならない。

3 学校施設の使用許可優先順位は、次のとおりとする。

(1) 第1順位 尾鷲市(以下「市」という。)又は教育委員会が行政目的のために使用するとき。

(2) 第2順位 国又は市以外の地方公共団体が行政目的のために使用するとき。

(3) 第3順位 市内幼稚園及び保育所が公益目的で使用するとき。

(4) 第4順位 前第1順位から第3順位以外の団体が使用するとき。

4 同順位の団体から同時に申請があった場合については、別に定める。

(使用許可書の提示)

第6条 使用の許可を受けた者が学校施設を使用するときは、使用許可書を携帯し、提示を求められたときは示さなければならない。

(使用料の免除)

第7条 条例第9条の規定に基づき、使用料を免除する場合は、別表2に定めるところによる。

(使用料の還付)

第8条 条例第10条ただし書の規定に基づき既納の使用料を還付する場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) 使用者の責任によらない理由で使用ができなくなったとき 既納の使用料の全額

(2) 条例第12条第3号又は第4号の規定に基づき使用の許可を取り消したとき 既納の使用料の全額

2 既納の使用料の還付を受けようとする者は、学校開放施設使用料還付申請書(様式第5号)に納付した使用料の領収書を添えて、教育委員会に提出しなければならない。

(責任の所在)

第9条 学校施設の開放に関する事務は教育委員会が行い、学校開放中の開放施設は教育委員会がその管理を行う。

2 学校施設の開放を行う当該学校の学校長は、一切の責任を負わないものとする。

(事務の委任)

第10条 教育委員会は、学校施設の使用にかかる事務のうち、第5条に定める使用申請書の受理及び使用許可書の交付事務を学校長に委任することができる。

2 社会教育法(昭和24年法律第207号)第47条に基づき、教育委員会が特別に認めるときは、承認の権限を委任することができる。

(準用)

第11条 第2条第2項の規定は、学校長が不在となった学校について準用する。この場合において、第2条第2項中「学校長の意見」とあるのは「教育長の意見」と読み替えるものとする。

(その他)

第12条 この規則の施行について必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日の前日までに、尾鷲市小学校及び中学校の施設の開放に関する規則(昭和52年尾鷲市教育委員会規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当の規定によりなされたものとみなす。

別表1(第2条関係)

種別

区分

学校開放を行う時間

平日

土曜、日曜、祝日及び長期休業日

小学校

運動場

午前9時から午後9時まで

体育館

午後6時から午後9時まで

午前9時から午後9時まで

中学校

運動場

午後1時から午後9時まで

体育館

午後6時から午後9時まで

午後1時から午後9時まで

武道場

午後6時から午後9時まで

午後1時から午後9時まで

備考 矢浜小学校の土曜、日曜、祝日及び長期休業日の開放を行う時間については、午後1時から午後9時までとする。

別表2(第7条関係)

使用区分

市又は教育委員会が共催又は後援する行事に使用する場合

スポーツ少年団及び学校関係団体が使用する場合

その他特に教育委員会が免除の必要を認めた場合

画像

画像

画像

画像

画像

尾鷲市学校施設の開放に関する条例施行規則

平成31年3月29日 教育委員会規則第1号

(平成31年4月1日施行)