○大津町防災行政無線通信施設運用規程

昭和63年3月30日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、大津町防災行政無線通信施設の管理運用に関する規則(昭和63年規則第12号)の規定により大津町防災行政無線通信施設の運用について必要な事項を定めるものとする。

(選択呼出し)

第2条 子局の選択呼出しは、緊急、一斉、グループ別、個別、時差とする。

(放送の種類)

第3条 放送の種類は緊急放送及び一般放送とする。

(放送時間)

第4条 放送時間は次のとおりとする。

(1) 緊急放送は、災害その他緊急を要する事態が発生し、又はその恐れがあると認められる場合の不定時とする。

(2) 一般放送は、ミュージックチャイム又は自動プログラム送出装置による時刻報知及び防災事務、行政事務に関する日常の放送とし、放送時刻については別に定める。

(3) 放送内容は、緊急放送を除き3分間以内とするよう努めなければならない。

(放送内容)

第5条 各職員は、所轄の事務で放送によつて町民に周知する必要がある場合は、別記様式防災無線放送申請書を管理責任者に提出しなければならない。ただし緊急に放送しなければ町民の身体、生命財産に及ぼす影響が大きいと認められる場合はこのかぎりではない。

2 その他公共機関が放送を希望する場合は、放送予定日の1日前までに別記様式防災無線放送申請書により管理責任者に申請しなければならない。

3 前各項の申請を受けた場合放送の可否を決定し、放送可の場合は直ちにその旨を申請人に通知しなければならない。

(放送の制限)

第6条 管理責任者は、災害の発生、その他特に理由がある場合は、あらかじめ申請を受付けた放送について制限することができる。

(通信の原則)

第7条 通信を行うときは、次の事項を厳守しなければならない。

(1) 必要最小限の通信を行うこと。

(2) 通信に使用する用語は暗号、隠語を使用せずできる限り内容が簡潔であること。

(3) 自局の呼出名称を付してその出所を明確にすること。

(4) 管理責任者の指示に従い統制のとれた通信を行うこと。

(5) 通信は正確に行うものとし、誤りがあつた場合は直ちに訂正すること。

(通信運用の時間)

第8条 通信運用の時間は常時とする。ただし、平常時においては執務時間を原則とする。

(通信の制限)

第9条 管理責任者は、災害の発生、その他特に理由がある場合は通信を制限することができる。

(目的外の使用禁止)

第10条 設置目的、通信の相手方若しくは通信事項の範囲を越えて運用してはならない。

附 則

この規程は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月30日規程第5号)

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

画像

大津町防災行政無線通信施設運用規程

昭和63年3月30日 訓令第4号

(平成18年4月1日施行)