○大津町交通指導員設置規則

昭和55年3月15日

規則第4号

(設置)

第1条 交通の安全、交通事故の防止及び交通道徳の高揚を図り、あわせて交通秩序を確保することを目的とし、本町に大津町交通指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 指導員は20名以内とし、次の各号に該当する者のうちから町長が委嘱する。

(1) 本町に居住又は勤務し年齢満20歳以上の者であること。

(2) 身体強健で、指導力を有すると認められる者であること。

2 指導員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

(任務)

第3条 指導員の任務は、次のとおりとする。

(1) 町長の命を受け、警察その他交通安全推進機関と緊密な連絡をとり、交通安全のために必要な指導及び交通安全思想の普及、高揚に努めること。

(2) 街頭等で交通指導にあたること。

(3) 前号の規定による勤務中、交通事故の発生及び著しい交通渋滞等があるときは、速やかに所轄警察署に連絡すること。

(解嘱)

第4条 町長は、指導員が次の各号のいずれかに該当するときは、任期中においてもこれを解嘱することができる。

(1) 心身の故障のため、職務の遂行ができないとき。

(2) 刑事事件に関し起訴されたとき。

(3) その他、町長が不適当と認めたとき。

(被服等の貸与)

第5条 町長は、指導員に対し、被服及び装備品を貸与する。

(研修)

第6条 指導員は、必要に応じ所轄警察署その他の機関が実施する教養、訓練等の研修を受けるものとする。

(災害補償)

第7条 町長は、指導員が公務上の災害を受けた場合は、速やかに公務災害補償の手続きをとるものとする。

(報酬及び費用弁償)

第8条 指導員の報酬及び費用弁償については、特別職の職員等で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和32年条例第12号)の定めるところによる。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和55年4月1日から適用する。

附 則(平成6年2月21日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年4月1日規則第5号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成16年6月1日規則第13号)

この規則は、公布の日から施行し、平成16年4月1日から適用する。

大津町交通指導員設置規則

昭和55年3月15日 規則第4号

(平成16年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 交通安全対策
沿革情報
昭和55年3月15日 規則第4号
平成6年2月21日 規則第1号
平成10年4月1日 規則第5号
平成16年6月1日 規則第13号