○大津町基本財産林保護委員設置条例

昭和32年3月28日

条例第4号

(目的)

第1条 本町は、基本財産林の造林保護、監督のため基本財産林保護委員8名以内を置く。

(委員の任務)

第2条 保護委員は、町基本財産林の保護育成に任ずるため随時又は町長の指示に従つて巡視しその実況を町長に報告しなければならない。

(委員の選任)

第3条 保護委員は、町内林業経験者の中から町長が任命する。

(委員の任期)

第4条 保護委員の任期は4年とする。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、昭和33年4月1日からこれを適用する。

附 則(昭和48年3月24日条例第5号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年12月25日条例第34号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年3月26日条例第10号)

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

大津町基本財産林保護委員設置条例

昭和32年3月28日 条例第4号

(平成5年3月26日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 契約・財産
沿革情報
昭和32年3月28日 条例第4号
昭和48年3月24日 条例第5号
昭和62年12月25日 条例第34号
平成5年3月26日 条例第10号