○大津町文化財保存管理整備費補助金交付要綱

昭和57年9月29日

教委要綱第3号

(趣旨)

第1条 大津町に所在する文化財の保護と活用を図るため、その事業に対し、予算の範囲内において、補助金を交付するものとし、その交付についてはこの要綱の定めるところによる。

(交付の対象となる事業の種類)

第2条 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助事業」という。)の種類は次のとおりとする。

(1) 無形文化財等保存管理事業

(2) 記念物等整備保存修理及び管理事業

2 交付の対象となる経費及び補助については、別表に掲げるとおりとする。

(補助金の交付申請)

第3条 補助金の交付を受けようとする者は、文化財保存管理整備費補助金交付申請書(別記第1号様式)次の各号に掲げる書類を添え、教育委員会に提出しなければならない。

(1) 事業計画書(別記第2号様式)

(2) 収支予算書(別記第3号様式)

(3) 設計書及び設計図(工事施工の場合)

(4) その他参考資料

(補助金の交付の決定)

第4条 補助金の交付の決定に当たつては、教育委員会の意見を具して関係書類を町長に進達し、町長は次の各号の条件を付して決定するものとする。

(1) 事業を中止し、又は廃止する場合においては、承認を受けること。

(2) 事業が予定の期間内に完了しない場合又は補助事業の遂行が困難となつた場合においては、速やかに報告してその指示を受けること。

(3) その他必要に応じて定める条件。

(決定の通知)

第5条 補助金の交付決定の通知は、補助金交付決定通知書(別記第4号様式)により行うものとする。

(状況報告)

第6条 教育委員会は、必要があると認めるときは、補助事業等の遂行の状況について報告を求めることができるものとする。

(実績報告)

第7条 補助事業者等は、補助事業等が完了したときは、事業が完了した日から10日以内に次の各号に定める書類を提出しなければならないものとする。

(1) 収支精算書(別記第3号様式に準ずる)

(2) 実施設計書及び設計図(工事施工の場合)

(3) 補助事業の経過及び成果を証する書類並びに写真等の資料

(4) その他参考資料

(雑則)

第8条 この要綱の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

補助事業の種類

補助金額

補助対象経費

事業区分

事業内容

無形文化財等保存管理事業

公開、記録の作成、後継者育成、管理等

予算の範囲内

補助事業に要する経費のうち

工事請負費

原材料費

その他必要と認められる経費

記念物等整備保存修理及び管理事業

保存修理、管理、防災施設整備等

予算の範囲内

画像

画像

画像

画像

大津町文化財保存管理整備費補助金交付要綱

昭和57年9月29日 教育委員会要綱第3号

(令和2年1月10日施行)