○大津町災害見舞金支給要綱

平成4年3月31日

要綱第2号

(目的)

第1条 この要綱は、大津町に住所を有する者で風水害又は、火災等の原因により被害を受けた者に対し、町が見舞金を支給することに関し必要な事項を定めることを目的とする。

(被害の程度等)

第2条 見舞金を支給する被害の程度及び対象は、次に掲げる各号の一に該当するものとする。ただし、火災の場合において、その原因が本人の故意と認められるものには支給しない。

(1) 火災見舞金は、住家又は、固定資産税の評価基準に該当する非住家(以下「非住家」という。)が全焼又は半焼したもの。

(2) 風水害見舞金は、住家又は非住家が流失、全壊及び半壊したもの。

(3) 1、2号の災害により死亡又は負傷し入院治療を要するに至つたとき。

(4) 前各号の対象者は、建物の所有者及び賃借人を対象とし、賃借人は被害により退去に至つた者とする。

(5) その他町長が必要と認めたもの

(見舞金の額)

第3条 前条各号に該当する被害を受けた者に対しては、それぞれ次に掲げる見舞金を支給する。ただし、第1号及び第2号については、重複の支給はしない。また、貸借人については、第1号第2号の見舞金の半額とする。

(1) 火災見舞金

 全焼 住家 200,000円以内 非住家 100,000円以内

 半焼 住家 100,000円以内 非住家 50,000円以内

(2) 風水害見舞金

 流出 住家 200,000円以内 非住家 100,000円以内

 全壊 住家 200,000円以内 非住家 100,000円以内

 半壊 住家 100,000円以内 非住家 50,000円以内

(3) 第2条第3号のもの

 死亡の場合 200,000円

 負傷(入院7日以上)の場合 30,000円以内

(4) その他町長が必要と認めた金額

(見舞金の支給)

第4条 前条の見舞金は、災害の程度が判明後支給するものとする。

(委任)

第5条 この要綱で定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成11年10月6日要綱第17号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成11年9月24日から適用する。

附 則(平成16年9月9日要綱第19号)

この要綱は、告示の日から施行し、平成16年8月29日から適用する。

附 則(平成16年9月30日要綱第22号)

この要綱は、告示の日から施行し、平成16年8月29日から適用する。

附 則(平成18年4月1日要綱第20号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

大津町災害見舞金支給要綱

平成4年3月31日 要綱第2号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成4年3月31日 要綱第2号
平成11年10月6日 要綱第17号
平成16年9月9日 要綱第19号
平成16年9月30日 要綱第22号
平成18年4月1日 要綱第20号