○大津町廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例施行規則

平成10年3月26日

規則第3号

(事業者の責務)

第2条 条例第4条第5項に定める事業者が廃棄物を排出にあたつての責務は、次に掲げる事項とする。

(1) 物の製造、加工及び販売等に際し、長期間使用可能な製品の開発、修理体制の確保等、廃棄物の発生の抑制に必要な措置を講ずること。

(2) 自らが取り扱う物に係る包装、容器等について、簡素化及び適正化を図り、再利用可能な包装、容器等の普及に努め、併せて使用後は回収等により廃棄物の排出の抑制に努めなければならない。

(3) 適正な処理が困難となる物については、その製造、販売等を自ら抑制するとともに、それらが廃棄物となつた場合においては、回収その他の措置を講じなければならない。

(4) 事業系廃棄物を処理施設に運搬(運搬の委託を受けた者を含む。)するときは、町長が定めた受入れ基準に従わなければならない。

(事業系廃棄物の受入れ基準)

第3条 前条第4号に規定する事業系廃棄物の受け入れ基準は、次のとおりとする。

(1) 条例第16条に規定する廃棄物を搬入しないこと。

(2) 燃やすごみ、資源物、粗大ごみ及び不燃・埋立ごみとそれぞれ適正に分別し、かつ、菊池環境保全組合(以下「組合」という。)が別に定める形容基準以内に形成のうえ一般廃棄物処理計画に従い定められた処理施設(ごみ処理施設、粗大ごみ処理施設、埋め立て処分地施設)に搬入すること。

(3) 運搬車等は、廃棄物が飛散及び流出し若しくは悪臭が漏れないような必要な措置を講ずること。

(4) 処理施設内においては、当該施設の管理者の指示に従うこと。

(廃棄物減量等推進責任者の届出)

第4条 建築物の所有者等は、条例第5条第1項の規定により廃棄物減量等推進責任者を選任したときは、速やかに廃棄物減量等推進責任者(選任・変更)届出書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(廃棄物の減量計画書の提出)

第5条 建築物の所有者等は、条例第5条第2項に規定する廃棄物の減量計画書(様式第2号)を毎年4月30日までに町長に提出しなければならない。

(資源物の収集等に係る命令)

第5条の2 条例第8条第2項に規定する命令は、資源物収集・運搬禁止命令書(様式第2号の2)により行うものとする。

(施設処理困難物の指定)

第6条 条例第13条第1項に規定する施設処理困難物は、別表第1のとおりとする。

(多量排出事業者に対する指示)

第7条 条例第14条に規定する指示は、ごみ1回の排出量が50キログラムを越える量を排出する者に指示することができる。

(ごみの分別種及びごみ袋)

第8条 条例第15条に規定するごみの分別類及びごみを入れるゴミ袋は、次のとおりとする。

(1) 燃やすごみ 指定袋(赤色)

(2) 資源物A (空かん、空びん) 指定袋(緑色)

(3) 資源物B (小型金物、小型金属廃家電) 指定袋(緑色)

(4) 資源物C (新聞、折込みチラシ) 指定袋(緑色)

(5) 資源物D (雑誌、電話帳、その他の紙) 指定袋(緑色)

(6) 資源物E (布類) 指定袋(緑色)

(7) 資源物F (段ボール) 指定袋(緑色)

(8) 資源物G (牛乳パック) 指定袋(緑色)

(9) 資源物H (ペットボトル) 指定袋(透明)

(10) 資源物I (白色トレイ、発泡スチロール) 指定袋(透明)

(11) 資源物J (プラスチック類) 指定袋(透明)

(12) 不燃・埋立ごみ 指定袋(黄色)

(13) 粗大ごみ なし

(14) 廃乾電池・廃蛍光管 ポリエチレン系の透明の袋

(し尿処理の申出)

第9条 条例第19条の規定によるし尿の汲み取りを依頼する者は、し尿収集(申込・廃止)(様式第3号)により、廃止についてはその1ケ月前までに、町長に届け出しなければならない。

2 条例第22条に規定する一般廃棄物収集運搬業者等は、し尿汲み取り量の測定にあたつては、原則として依頼車の確認を受けなければならない。

(ごみ一時保管所の設置基準及び届出)

第10条 ごみ一時保管所(以下「保管所」という。)の設置場所は、ごみ収集車(2トン車以上の車)の通過、又は方向変換が可能な場所でなければならない。

2 保管所は、原則として10戸以上の班を結成し設置することができる。

3 保管所を設置する場合は、嘱託員に申し出、嘱託員は必要と認めた場合、又は廃止するとき、ごみ一時保管所の(設置・廃止)(様式第4号)を町長に提出し、承認を受けなければならない。

(保管所の管理)

第11条 前条に規定する保管所は、常に清潔を保ち不衛生にならないように管理しなければならない。

(ごみの収集方法)

第12条 ごみの収集は、原則としてステーション方式で行なうものとする。

(ごみの持出し)

第13条 第8条の規定により分別したごみは第10条に定める保管所に、町長が指定する期日に持ち出さなければならない。

(収集手数料の納入方法)

第14条 条例第20条第1項第2号に規定する一般廃棄物の収集運搬手数料は、大津町収入証紙条例(平成5年条例第26号)に定める証紙によつて納入しなければならない。

2 指定袋に入れることができないごみは、同ごみに証紙を添付しなければならない。

(手数料の減免)

第15条 条例第21条の規定による手数料の減免を受けようとする者は、手数料減免申請書(様式第5号)を町長に提出し、承認を受けなければならない。

(一般廃棄物収集運搬業の許可申請)

第16条 条例第22条の規定による一般廃棄物収集運搬業若しくは一般廃棄物の処分業(以下「一般廃棄物収集運搬業等」という。)の許可を受けようとする者は、一般廃棄物(収集運搬・処分)業許可申請書(様式第6号)に関係書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(積替場、運搬用器材及び処分施設の検査)

第17条 前条の規定による許可を受けようとする者は、その使用する積替場、運搬用器材及び処分施設について町長の検査を受けなければならない。

(許可及び検査済証の交付)

第18条 町長は、前条の検査に合格したときは、検査済証(様式第7号)を交付し、併せて、一般廃棄物収集運搬業等許可証(様式第8号)を交付する。

(作業従事員の届出)

第19条 一般廃棄物収集運搬業等の許可を受けようとする者は、その使用する作業従事員について町長に届け出なければならない。

2 町長は、前項に規定する作業従事員に対し、一般廃棄物作業従事員証(様式第9号)を交付する。

3 作業従事員は、その業務に従事しなくなつたときは、遅滞なく町長に返還しなければならない。

(許可証等の再交付)

第20条 検査済証及び一般廃棄物収集運搬業等許可証並びに一般廃棄物作業従事員証を亡失、又は棄損したときは、速やかに再交付申請書(様式第10号)を町長に提出して再交付を受けなければならない。

(許可証等の変更届)

第21条 一般廃棄物収集運搬業等の許可を受けた者は、その検査済証(運搬用器材の買替若しくは処分施設の更新を含む。)、許可証、一般廃棄物作業従事員証(作業員の異動を含む。)等の記載事項に変更が生じたときは、速やかに、変更届(様式第11号)を町長に提出し、その承認を受けなければならない。

(業務廃止等の届出)

第22条 一般廃棄物収集運搬業等の許可を受けた者は、その業務を廃止、又は休止しようとするときは、30日前までに業務(廃止・休止)(様式第12号)に許可証等を添え町長に提出しなければならない。

(許可証等の返納等)

第23条 一般廃棄物収集運搬業等の許可を受けた者は、その有効期限が満了し、又は営業の許可が取り消されたときは、その日から7日以内に、検査済証、許可証、及び一般廃棄物作業従事員証を返納しなければならない。

2 一般廃棄物収集運搬業等の許可を受けた者が廃業、死亡、又は解散等により許可事項に異動が生じたときは、本人、相続人、又は清算人は直ちにその旨を町長に届け出、検査済証、許可証、及び一般廃棄物作業従事員証を返納しなければならない。

(浄化槽清掃業の許可申請)

第24条 条例第26条の規定による浄化槽清掃業の許可を受けようとする者は、浄化槽清掃業許可申請書(様式第13号)に関係書類を添えて町長に提出しなければならない。

2 町長は、浄化槽清掃業の許可をしたときは、浄化槽清掃業許可証(様式第14号)を交付する。

(準用)

第25条 第20条及び第21条の規定は、浄化槽清掃業の許可について準用する。この場合において各条中「検査済証及び一般廃棄物収集運搬業等許可証並びに一般廃棄物作業従事員証」とあるのは、「許可証」と読み替えるものとする。

第26条 第22条及び第23条の規定は、浄化槽清掃業の許可について準用する。この場合において各条中「一般廃棄物収集運搬業等の許可を受けた者」とあるのは、「浄化槽清掃業の許可を受けた者」と、第23条中「検査済証、許可証、及び一般廃棄物作業従事員証」とあるのは、「許可証」と読み替えるものとする。

(一般廃棄物の処分)

第27条 一般廃棄物収集運搬業等及び浄化槽清掃業の許可を受けた者は、収集したし尿、浄化槽汚泥及びごみの一般廃棄物は、処理施設(し尿、ごみ、粗大ごみ、埋立処分地施設)に搬入しなければならない。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(業務報告書)

第28条 一般廃棄物収集運搬業等及び浄化槽清掃業の許可を受けた者は、それぞれ、毎月町長が別に定める処理業務報告書を、町長に提出しなければならない。

(身分を示す証明書)

第29条 条例第31条第3項に規定する身分を示す証明書の様式は、様式第15号のとおりとする。

附 則

1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。

2 この規則の施行前に大津町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則の規定によつて処分、手続き及びその他の行為は、この規則の規定によつてした行為とみなす。

3 大津町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和63年規則第10号)は、廃止する。

附 則(平成12年2月21日規則第1号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年1月6日規則第1号)

この規則は、平成13年1月6日から施行する。

附 則(平成18年3月30日規則第22号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規則第2号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月21日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月23日規則第1号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年6月20日規則第11号)

この規則は公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成28年3月24日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、行政不服審査法(平成26年法律第68号)の施行の日(平成28年4月1日)から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であつてこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、第2条の規定による改正前の大津町情報公開条例施行規則、第3条の規定による改正前の大津町個人情報保護条例施行規則、第4条の規定による改正前の大津町放置自動車の発生防止及び適正な処理に関する条例施行規則、第7条の規定による改正前の大津町国民健康保険税条例施行規則、第8条の規定による改正前の大津町児童福祉法施行細則、第9条の規定による改正前の大津町老人福祉法施行細則、第10条の規定による改正前の大津町老人医療費事務取扱細則、第11条の規定による改正前の大津町在宅高齢者家族介護用品給付規則、第12条の規定による改正前の大津町身体障害者福祉法施行細則、第13条の規定による改正前の大津町重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則、第14条の規定による改正前の大津町介護保険条例施行規則、第15条の規定による改正前の大津町廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例施行規則、第16条の規定による改正前の大津町農業集落排水事業分担金徴収条例施行規則、第17条の規定による改正前の大津町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規則、第18条の規定による改正前の大津都市計画事業大津土地区画整理事業清算金徴収交付事務取扱規則及び第19条の規定による改正前の大津町公共下水道事業受益者負担に関する条例施行規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

別表第1(第6条関係)

持出し禁止ごみ及びその処分方法にかかわる町長の指示

区分

ごみの種類

処分にかかわる町長の指示

① 有害性のあるごみ

硫酸、硝酸等の劇薬、殺虫剤、消毒剤等の農薬化学薬品等

その物を取り扱つている販売店、製造業者等に引き取つてもらうか、専門処理業者に処理を委託する。

② 危険性のあるごみ

バッテリー、ガスボンベ(穴を開けたカセットコンロ用を除く。)、消火器

③ 引火性のあるごみ

灯油、シンナー、廃油、オイル等

④ 著しく悪臭を発するごみ

おむつ等の糞尿

おむつ等の中の汚物を除去する。

⑤ 特別管理一般廃棄物

感染性廃棄物、エアコン、テレビ及び電子レンジに含まれるPCB部品

感染性廃棄物は、専門許可業者に処理を委託し、PCB部品は、製造業者にその使用部品の除去を受ける。

⑥ 前各号に定めるもののほか町長が処理施設の機能に支障があると認めるごみ

厚生労働大臣が指定した適正処理困難物

廃ゴムタイヤ

その物を取り扱つている販売店、製造業者等に引き取つてもらうか、専門処理業者、スクラップ業者に処理を委託する。

金属類

ピアノ、バイク、金庫(手提金庫を除く)、農機具類、エンジン、鉄塊(鉄アレイ、金属工具)、ワイヤ、針金、ブリキ波板、鋼鉄類(棒鋼、ガス管、足場用番線の束、L40×40以上)、流し台、電気温水器、太陽熱温水器、電動機(家電製品以上)W=1.5mL=2mH=1m以上の金属製品

 

空缶類

線虫消毒薬、毒薬、オイル等の入つた空缶

 

家屋解体及び改造に係わるもの

家屋解体及び改造に係わる廃材、ワラ、瓦、ブロック、基礎石、コンクリート等のガレキ類

産業廃棄物処理業者に処理を委託する。

畑、山等のごみ

畑、山等で生じたもの(木の根、竹の根、ワラ等)

排出者自ら処理する。

動物の死骸

実験した動物

排出者自ら処理する。

前処理が必要なごみ

木製品類

W=1.5mL=2mH=1mを越える木製品

W=1.5mL=2mH=1m以下に切断する。

竹木片類

直径10cm、長さ2mを越えるもの

直径10cm以下で長さ2m以下に切断する。

危険物

カセットコンロのボンベ、スプレー缶、ライター

使い切つてから火の気のない、風通しの良い場所で穴を空ける。

マッチ、花火

使い切る。

石油ストーブ等の発火する恐れのあるもの

燃料、電池を取り除く。

画像

画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像画像画像画像画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

大津町廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例施行規則

平成10年3月26日 規則第3号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
平成10年3月26日 規則第3号
平成12年2月21日 規則第1号
平成13年1月6日 規則第1号
平成18年3月30日 規則第22号
平成19年3月27日 規則第2号
平成20年3月21日 規則第2号
平成24年3月23日 規則第1号
平成26年6月20日 規則第11号
平成28年3月24日 規則第1号