○農地の転用の制限に関する指導要綱

平成13年10月1日

要綱第22号

(目的)

第1条 この要綱は、大津都市計画用途地域における「工業専用地域」周辺の農地を農地法(昭和27年7月15日法律第229号)第4条及び第5条に基づき農地の転用を行う場合の原則的な考え方を示し、かつ周辺農地の合理的な利用を促し、無秩序な開発を防止することを目的とする。

(用語の定義)

第2条 本要綱において「農地の転用」とは、農地法で定められた手続きを経て農地を農地以外の土地にする行為である。

(適用する区域)

第3条 適用する区域は、大津都市計画用途地域の決定(昭和54年1月11日大津町告示182号)の工業専用地域の周回道路「東側、南側、及び北側」で路線端から50メートルまでの区間とする。

(適用の除外)

第4条 本要綱の適用は、原則として農業振興地域農用地区域には適用しないものとする。

2 要綱が定められる前に立地している既存施設には適用しないものとする。

(協議の申し出)

第5条 適用する区域で農地の転用許可を受けようとする者は、農業委員会に農地法第4条及び第5条の申請をする前に協議を申し出るものとする。

(用途の制限)

第6条 農地の転用許可を受けようとする者から町へ協議の申し出があつたときは、大津都市計画用途地域「工業専用地域」に準じ、建築物の用途の制限をするものとする。

2 大津都市計画事業で地区計画等が定められたときは、本要綱を廃止する。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成13年10月1日から施行する。

農地の転用の制限に関する指導要綱

平成13年10月1日 要綱第22号

(平成13年10月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成13年10月1日 要綱第22号