○分収造林に関する条例

昭和47年12月23日

条例第24号

(目的)

第1条 この条例は、大津町、西原村の共有林野内造林の収益分収金の配分について規定することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、大津町、西原村の共有林野とは、現に官行造林編入地で、町内の関係部落が慣行使用権を有する山林及び原野をいう。

(配分)

第3条 共有林野造林の収益は、町と慣行使用権を有する部落とにおいて、次に定める割合により当該年度内に配分するものとする。

造林区分

分収割合

摘要

部落

官行造林

8割

2割

 

第4条 この条例に定めのない事項については、必要に応じ当事者が協議の上、これを定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和47年度から適用する。

分収造林に関する条例

昭和47年12月23日 条例第24号

(昭和47年12月23日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産等
沿革情報
昭和47年12月23日 条例第24号