○大津町公共下水道区域外からの公共下水道使用規則

平成2年3月28日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、大津公共下水道区域外からの公共下水道使用についての条件、その他の使用方法等について必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 大津公共下水道区域 大津公共下水道事業計画について、下水道法(昭和33年法律第79号。以下「法」という。)第4条の規定に基づき建設大臣の事業認可を受けた区域(以下「区域」という。)をいう。

(2) 区域外 前号に規定する区域以外の区域(以下「区域外」という。)をいう。

(3) 下水 生活若しくは事業(耕作の事業を除く。)に起因し、若しくは付随する廃水(以下「汚水」という。)をいう。

(4) 下水道 汚水を排除するために設けられる排水管、排水渠その他の排水施設(かんがい排水施設を除く。)及びこれに接続して汚水を処理するために設けられる処理施設(し尿浄化槽を除く。)又はこれらの施設を補完するために設けられるポンプ場その他の施設の総体を言う。

(5) 公共下水道 主として、市街地における汚水を排除し、又は処理するために地方公共団体が管理する下水道で、終末処理場を有するものであり、かつ、汚水を排除すべき排水施設の相当の部分が暗渠である構造のものを言う。

(6) 排水設備 汚水を公共下水道に流入させるために必要な排水管、排水渠その他の排水施設(屋内の排水管、これに固着する洗面器、浴槽、流し台及び水洗便所のタンク並びに便器を含み、し尿浄化槽を除く。)をいう。

(7) 使用者 汚水を公共下水道に排除してこれを使用する者をいう。

(公共下水道の使用)

第3条 区域外から汚水を公共下水道に流入し、公共下水道を使用しようとする者は、あらかじめ、公共下水道使用許可申請書(様式第1号)を提出し、町長の承認を受けなければならない。

2 町長は、前項に掲げる申請書の提出があつた場合において、許可することを決定したときは、公共下水道使用許可書(様式第2号)を交付するものとし、許可しないことを決定したときは、その旨を通知するものとする。

(施設基準)

第4条 前条の規定に基づき町長の承認を受け公共下水道を使用する者は、下水道施設(汚水を排除するために必要な施設に限る。以下「施設」という。)が、法及び大津町下水道条例(以下「条例」という。)並びに下水道工事標準仕様書(以下「仕様書」という。)の基準に適合するように設置しなければならない。

(施設計画の確認)

第5条 使用者は、施設の新設等を行おうとするときは、あらかじめ、施設計画について、法及び条例並びに仕様書(以下「関係法令等」という。)に適合するものであることについて、必要な書類を添付して町長の承認を受けなければならない。

(工事の実施)

第6条 使用者は、区域外から公共下水道へ排水設備(公道に設置する施設を含む。)を接続しようとするときは、条例の規定に基づく、排水設備等新設等計画確認申請書を提出し、町長が指定した下水道排水設備指定工事店(以下「指定工事店」という。)に工事を施工させなければならない。

(中間検査)

第7条 使用者は、公道に設置する施設の工事中、管の埋設等について係員が指定する検査を受けなければならない。

(完了検査)

第8条 使用者は、その工事を終了したときは、工事の完了した日から5日以内に完了届(様式第3号)を提出し、関係法令等の基準に適合するものであることについて、町の職員の検査を受けなければならない。

2 前項の検査をする職員は、同項の検査をした場合において、その工事が関係法令等に適合していると認めたときは、検査済証を交付するものとする。

3 工事の検査には、指定工事店は責任技術者を立ち会わせなければならない。

4 検査済証は、条例第14条を準用する。

(工事費等)

第9条 区域外から汚水を公共下水道へ流入させるための施設の工事にかかる費用は、全て使用者の負担とする。

(施設の維持管理)

第10条 区域外から公共下水道への接続までの施設の維持管理は、使用者が行うものとする。ただし、当該区域が後日区域となつた場合は、この限りでない。

(施設の移管)

第11条 当該区域が後日区域となつた場合には、区域外から公共下水道への接続までの施設のうちで、公道に設置してある施設で、関係法令等の基準に適合する施設は、町の管理とする。

2 町長は、公道に設置する施設で、関係法令等の基準に適合しない施設については、関係法令等に適合させる措置を使用者に命ずることができる。

3 前項の規定による施設の工事費は、使用者の負担とする。

(使用開始届)

第12条 使用者は、工事が完了し、公共下水道の使用を開始する場合は、条例第20条に規定する使用開始届出を提出しなければならない。

(使用料)

第13条 使用者は、区域外から公共下水道へ汚水を流入させて公共下水道を使用するときは、条例で定める使用料を納入しなければならない。

(使用者の変更)

第14条 第3条の規定による承認を受けた使用者が変更になつたときは、使用者変更届(様式第4号)を提出しなければならない。

(協力金)

第15条 使用者は、使用区域(公道に係る部分を除く。)に対し、大津町公共下水道事業受益者負担金に関する条例(昭和63年条例第3号)に基づく受益者負担金に相当する額(1平方メートル当り300円)を、下水道事業協力金として納入しなければならない。

(その他)

第16条 本規則による公共下水道の使用及び施設の設置並びに維持管理は、公道に係る施設の設置がある場合は、それぞれの公道管理者の道路占用許可がなされた後より効力を有する。

第17条 使用者は、施設及び公共下水道を使用するにあたり、関係法令等を遵守しなければならない。

第18条 公共下水道への接続は、汚水に係る施設のみで、雨水に係る施設は接続してはならない。

第19条 この規則に違反した場合は、町長は、使用を取り消すことができる。

附 則

この規則は、平成2年4月10日から施行する。

附 則(平成18年3月30日規則第22号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第9号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

大津町公共下水道区域外からの公共下水道使用規則

平成2年3月28日 規則第4号

(平成19年4月1日施行)