○大津町特別職の非常勤職員の任用等に関する要綱

平成14年4月1日

要綱第62号

(目的)

第1条 この要綱は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する特別職の非常勤職員(以下「非常勤職員」という。)の任用、給与その他の身分取扱いについて必要な事項を定め、人事管理の適正化を図ることを目的とする。

(非常勤職員)

第2条 非常勤職員は、短期間又は専門的知識を要する業務に従事させる臨時の職とする。

(任用期間)

第3条 雇用期間の一般基準及び特例基準については、次のとおりとする。

(1) 1年を限度とし、正規職員の勤務時間の4分の3を上回らない勤務時間とする。

(給与)

第4条 非常勤職員の給与は、職種、職務の内容その他勤務に応じたものとし、別に定める基準により月額で積算して支給する。

2 時間外勤務及び休日勤務は原則として認めない。ただし休日勤務については、業務の執行上やむをえない場合には、あらかじめ人事担当課と協議のうえ、するものとする。

(給与の減額計算)

第5条 給与が年額をもつて定められている非常勤嘱託職員が月の中途において任用されたとき、又は月の中途において退職等によりその職を離れたときは、その月以外の月については年額を12で除した月割計算とし、その月については月額をその月における勤務を要する日数で除して得た額に実際に勤務した日数を乗じた日額計算とする。

(給与の支払い)

第6条 賃金は毎月10日に前月分を支給する。ただし、特別の理由がある場合はこの限りではない。

(任用手続き)

第7条 任用手続きは次のとおりとする。

各課等の長は、必要書類を作成の上、人事担当課長と協議し、決裁を受けなければならない。

(勤務時間)

第8条 非常勤職員の勤務時間は、大津町職員の勤務時間に関する規程(昭和48年規程第10号)第2条に定める時間とする。ただし特殊の業務に従事するものについては、あらかじめ人事担当課長と協議するものとする。

(公用車使用)

第9条 各課等の長は、非常勤職員を公務に従事させ、公用車を使用させるときは、公用車使用許可書(様式第1号)により使用させることが出来る。

(服務)

第10条 非常勤職員の服務については、正規職員に準じるものとする。

(社会保険等)

第11条 非常勤職員を任用した場合には、次の保険を掛けなければならない。

(1) 健康保険

(2) 厚生年金保険

(3) 雇用保険

(懲戒)

第12条 正規職員に準じるものとする。

(その他)

第13条 各課等の長は、非常勤職員が任用期間満了前に退職した場合は、直ちにその旨を人事担当課へ報告しなければならない。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成24年2月7日要綱第4号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日要綱第46号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

大津町特別職の非常勤職員の任用等に関する要綱

平成14年4月1日 要綱第62号

(平成28年4月1日施行)