○大津町掲示板設置補助金交付要綱

平成16年7月21日

要綱第15号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第232条の2の規定により、行政情報の伝達のため、区、自治会等地域団体(以下「地区」という。)が設置する掲示板の経費の全額又は一部を助成することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象)

第2条 補助金は、掲示板を設置しようとする地区に対して交付する。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、掲示板の設置に要した額の2分の1以内とし、1基あたり5万円を上限とする。ただし、千円未満の端数があるときはこれを切り捨てる。

(申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする地区は、掲示板を設置する前に所管の行政区嘱託員に届け出なければならない。

2 前項の届出を受けた行政区嘱託員は、掲示板の設置に先立ち、掲示板設置補助金交付申請書(別記様式第1号)に見積書、設置承諾書、付近見取図等関係書類を添え、町長に申請を行うものとする。

(決定)

第5条 町長は、前条の規定により交付申請があつたときは、申請内容を審査の上妥当と認めた場合は、掲示板設置補助金交付決定通知書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(完了届)

第6条 行政区嘱託員は、交付決定通知書受領後に工事に着手し、工事が完了した場合は、速やかに完成写真、請求書等関係書類を添え、工事完了後1ケ月以内に、掲示板設置完了届(別記様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項に規定する書類の他、必要と認める書類の提出を求めることができる。

(補助金の支払)

第7条 町長は、完了届により、工事の完成が確認できた場合は、行政区嘱託員による掲示板設置補助金交付請求書(別記様式第4号)の提出後、補助金を交付するものとする。

(指示)

第8条 町長は、補助金の交付を受けた者に対し、当該補助金の使用等に関し、必要な指示をすることができる。

(流用の禁止)

第9条 補助金の交付を受けた者は、その補助金を他の経費に流用してはならない。

(交付の取消等)

第10条 町長は、補助金の交付を受けた者が、次に掲げる各号に該当する場合には、補助金の交付を取消し、又はすでに交付した補助金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) 第3条又は第9条の規定に違反したとき。

(2) 第8条の規定に従わないとき。

(3) 設置施行方法が不適当と認められるとき。

(4) 支出額が申請額より著しく減少したとき。

(委任)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成16年7月21日から施行し、平成16年4月1日から適用する。

附 則(平成18年4月1日要綱第17号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月18日要綱第6号)

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

大津町掲示板設置補助金交付要綱

平成16年7月21日 要綱第15号

(平成31年4月1日施行)