○印鑑登録申請に係る審査に関する事務処理要領

平成16年6月1日

要領第13号

(審査の対象者)

第1条 登録申請者。ただし、代理人による印鑑登録の場合は登録申請者ならびに代理人とする。

(審査の方法)

第2条 本人による印鑑登録の場合は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 文書照会の場合は、聴聞を行い、回答書持参の際、通常本人が持つていると思われる書類の提示を求める。提示を求める書類は、健康保険証・年金手帳・社員証・学生証等とする。

(2) 免許証等の場合は、官公署の発行した免許証、許可証若しくは身分証明書であつて写真を貼付したものを確認する。免許証等とは、運転免許証・パスポート・身体障害者手帳・宅地建物取引業者免許・雇用保険受給者証・船舶免許・個人番号カード等とする。

(3) 保証人の場合は、保証書の氏名・生年月日・住所を確認し、印影を十分照合したうえ、聴聞を行う。

2 代理人による印鑑登録の場合は、回答書を持参した代理人に聴聞を行い、前項第1号及び第2号で定める身分証明書の提示を求める。

附 則

この要領は、告示の日から施行する。

附 則(平成24年7月9日要領第22号)

この要領は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成28年3月30日要領第11号)

この要領は、平成28年4月1日から施行する。

印鑑登録申請に係る審査に関する事務処理要領

平成16年6月1日 要領第13号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第5節
沿革情報
平成16年6月1日 要領第13号
平成24年7月9日 要領第22号
平成28年3月30日 要領第11号