○大津町全国大会等出場報償金交付要綱

平成17年4月1日

要綱第10号

(趣旨)

第1条 この要綱は大津町における文化・スポーツ活動の普及振興を図るため、国及び地方公共団体の機関及び中央の競技団体等が開催する大会並びに国県町から依頼を受け、国際行事や大会等に出場する個人及びチームに対して報償金(以下「激励金」という。)を交付するものとし、その交付については、この要綱の定めるところによる。

(適用の範囲)

第2条 激励金の交付範囲は大津町に住民票を有し、次の各項各号の一に該当するものとする。ただし、各会派及び各流派別大会及び作品のみが出展される場合は除くものとする。

2 スポーツ部門については、次のとおりとする。

(1) 熊本県または、九州内の予選において代表となり、全国的な大会に出場する個人及びチーム

(2) 日本代表として、国際大会への出場者

(3) その他、町長が適当と認めたもの

3 文化部門については、次のとおりとする。

(1) 国又は地方公共団体の機関が主催する地区予選において代表となり、全国大会に出場する個人及びチーム。ただし、同一チーム等に所属する個人が10名を超える場合はチームとみなす。

(2) 国県町から依頼を受け、国際行事や大会等に出場する個人及びチーム

(3) その他、町長が適当と認めたもの

(激励金の額)

第3条 激励金の額は次の各号のとおりとする。

(1) 前条第2項第1号及び第3項第1号に該当するもの

個人 10,000円

チーム 100,000円

(2) 前条第2項第2号第3号及び第3項第2号第3号に該当するもの

町長が必要と認めた額

(3) 前条第2項及び第3項の各号に掲げる激励金は、それぞれ年2回を限度とする。

(激励金の交付申請)

第4条 激励金の交付を受けようとするものは、申請書(別記様式)を町長に提出するものとする。

(審査及び決定)

第5条 町長は激励金の交付申請があつたときは、当該申請に係る関係書類等を審査し、決定するものとし、出場者激励会等を開催して、そのつど支払うものとする。

(雑則)

第6条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

2 大津町全国大会等出場補助金交付要綱(平成4年大津町要綱第3号)は、廃止する。

附 則(平成19年2月15日要綱第8号)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日要綱第15号)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

画像

大津町全国大会等出場報償金交付要綱

平成17年4月1日 要綱第10号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年4月1日 要綱第10号
平成19年2月15日 要綱第8号
平成21年3月31日 要綱第15号