○大津町保育所保育料収納事務実施要綱

平成17年3月31日

要綱第11号

(目的)

第1条 この要綱は大津町の保育所保育料(以下「保育料」という。)の収納事務について、扶養義務者の未納の防止と納付の便益を図ることを目的とする。

(収納事務の委託)

第2条 児童福祉法第56条第4項の規定及び大津町財務規則第36条に基づき、社会福祉法人保育園園長(以下「収納事務受託者」という。)に委託するものとする。

(収納事務対象者)

第3条 原則として、保育所入所児童の保育料を未納している扶養義務者及び納付の便益を求める扶養義務者とする。

(内容)

第4条 収納事務を委託する内容は、次の各号によるものとする。

(1) 収納事務受託者の所属する保育所の扶養義務者から保育料を収受し、納入を行うこと。

(2) 納付相談に応じ、適切な助言及び指導を行うこと。

(3) 納付相談内容の記録及び当該相談内容を町長へ報告すること。

(4) 口座振替の推進に関すること。

(5) その他

(委任)

第5条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

大津町保育所保育料収納事務実施要綱

平成17年3月31日 要綱第11号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年3月31日 要綱第11号