○大津町広報モニター設置要綱

平成19年3月29日

要綱第25号

(目的)

第1条 広報に対する住民の意見や要望を組織的、継続的に聴取し、広報活動の充実と、住民参加の開かれた広報の展開を図るために、広報モニター(以下「モニター」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 モニターは、公募を行い、応募者の中から、行政広報活動の趣旨を理解し、協力的な人を町長が委嘱する。

(応募資格)

第3条 満20歳以上で町内に居住する人。

(定員及び期間)

第4条 モニターの定員は5人とする。

2 委嘱期間は、2年間とする。

(職務)

第5条 モニターの職務は、次のとおりとする。

(1) 広報紙に対する、感想、意見等の提言。

(2) 年3回程度の会議への出席と特集記事への協力。

(3) 地域の身近な情報を町へ提供する。

(4) その他必要な事項に関すること。

(委嘱の取り消し)

第6条 モニターが次の各号の一に該当する場合は、委嘱を取り消すものとする。

(1) 町外に転出したとき。

(2) 辞退の申出があつたとき。

(3) 職務の遂行ができなくなつたとき。

(4) その他町長が認めたとき。

(謝礼)

第7条 モニターの謝礼については予算の範囲内で支払うものとする。

(雑則)

第8条 モニターは、テーマを決めて、リポート記事を作成することができる。また、リポートに関する著作権(肖像権)は、町に帰属する。

第9条 リポート記事の取材については、取材、資料収集、写真撮影は、町が協力する。

第10条 モニターは、記事作成に収集する情報は、必要な最小限の情報とし、取材時に知り得た情報は、記事作成以外の目的には使用してはならない。

第11条 この要綱に定めるもののほか、モニターに関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

大津町広報モニター設置要綱

平成19年3月29日 要綱第25号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年3月29日 要綱第25号