○大津町教育委員会事務局処務規程

平成20年3月28日

教委規程第1号

大津町教育委員会事務局処務規程(平成18年教委規程第1号)の全部を次のように改正する。

(目的)

第1条 この規程は、大津町教育委員会事務局(以下「事務局」という。)における事務処理に関する基準を定め、事務遂行における責任の範囲を明らかにし、能率的な運営を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 決裁 教育委員会の権限に属する事務について最終的意思を決定することをいう。

(2) 専決 部長、課長等又は教育機関の長があらかじめ定められた範囲の事務について、常時教育長に代わつて決裁することをいう。

(3) 代決 教育長又は専決者が決裁すべき事務について、一時教育長又は専決者に代わつて決裁することをいう。

(役付職員)

第3条 部に部長、課に課長等、係に係長の職を置く。

2 部に次長、課に審議員、教育指導主事、課長補佐、主幹、指導主事、副館長、参事、主査及び課付の職を置くことができる。

3 大津町教育委員会事務局の組織及び職員の職の設置に関する規則(平成20年教委規則第2号。以下「規則」という。)第3条に掲げる教育機関(以下「教育機関」という。)にセンター長、所長及び園長(以下「所属長」という。)の職を置く。特に必要があるときは副所長、副園長、(以下「副所属長」という。)の職を置くことができる。

4 教育機関に、参事及び主査の職を置くことができる。

(その他の職員の職務)

第4条 役付職員外の職員は、上司の命を受け担任事務に従事する。

(部長等の職務内容)

第5条 部長の職務内容は、おおむね次のとおりとする。

(1) 教育長を補佐するとともに、町長の重要施策の策定審議に参画し、その方針の設定を補佐すること。

(2) 教育委員会所管の業務の執行方針を策定し、所属課長等、所属長及び係長を通じて配属職員に周知徹底を図り、指揮監督してその達成のための総括管理者となること。

(3) 分掌業務の遂行について進行状況を常に把握して、その方針と執行実績を対比し、業績評価を行うとともに必要な調整を行うこと。

(4) 配属職員に対し、必要な指導教育と能力の養成を行うとともに、積極的な意見を聴取する等により、職員の士気の高揚に努めること。

(5) 配属職員の効率的な配置による適正な勤務条件の確保に努め、その業務の分担、任用、昇格、服務及び賞罰等について上申すること。

(6) 分掌業務の執行状況について、整理要約し、適時上司に報告すること。

2 次長は、上司の命を受け、部長を補佐する。

3 課長等及び所属長の職務内容は、おおむね次のとおりとする。

(1) 部長が行う業務の執行方針の策定を補佐し、所属職員を指揮して決定された分掌業務の完遂を図る実施責任者となること。

(2) 分掌業務の執行について、その状況を常に把握して執行方針と業務実績を評価し必要な調整を行い上司に報告すること。

(3) 分掌業務の執行又は改善について所属職員と討議の上実施し、上司に報告すること。

(4) 所属職員の勤務状況を把握して、職員の業務分担、任用、昇格、服務及び賞罰等について上司に報告し、又は助言すること。

(5) 分掌業務の執行状況について、適時上司に報告すること。

(6) 所属職員の日常の健康管理の増進に努めること。

4 教育指導主事は、上司の命を受け、特命事項を処理する。

5 審議員は、上司の命を受け、特命事項を処理する。

6 課長補佐は、上司の命を受け、課長を補佐する。

7 主幹及び課付は、上司の命を受け、特命の担任事務を処理する。

8 指導主事は、上司の命を受け、学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項の指導に関する事務を処理する。

9 係長、副館長及び副所属長の職務内容は、おおむね次のとおりとする。

(1) 担当業務の具体的な執行について計画を策定し、配置された職員を指揮して、その処理にあたること。

(2) 担当業務の執行状況を上司に報告すること。

(3) 担当業務について創意工夫と事務改善に努めること。

10 主任学芸員は、上司の命を受け、特命事項を処理する。

11 参事及び主査は、上司の命を受け、担任事務を処理する。

(課等の分掌事務)

第6条 規則第2条に基づいて設置した課及び係の事務分掌は、別表第1のとおりとし、教育機関の事務分掌は、別表第2のとおりとする。

(課の基本的事項)

第7条 次に掲げる事項に関する事務は、各課及び教育機関においてつかさどる。

(1) 主管事務に関する予算の調整及び執行に関すること。

(2) 主管事務に関する資料収集及び統計並びに報告に関すること。

(3) 主管事務に関する備品の管理に関すること。

(専決事項)

第8条 部長、課長等及び所属長の専決事項は、大津町事務決裁規程(平成20年大津町訓令第3号)を準用する。

(代決及び後閲)

第9条 この規程によつて定められた決裁権者が不在であり、緊急やむを得ないときは、次の区分により代決することができる。

区分

代決者及び代決の順位

教育長の決裁を受けるべき事案

(1)部長 (2)所管課長

部長の専決することのできる事案

(1)次長 (2)所管課長

課長等の専決することのできる事案

(1)審議員 (2)課長補佐又は課長が指定する職員

2 前項の規定により代決した事項で代決をした者が必要と認めるものは、その決裁権者に速やかに後閲を受けなければならない。

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、事務の取扱い及び職員の服務等については、町の規程を準用する。

附 則

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月27日教委規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成30年4月27日教委規程第1号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

分掌事務

学校教育課

学務係

ア 公印の管守に関すること。

イ 教育委員会の会議に関すること。

ウ 教育予算の総括及び調整に関すること。

エ 教育委員会の規則、規程等の立案に関すること。

オ 教育行政計画の策定、進行管理及び教育行政の総合調整に関すること。

カ 公立学校共済組合に関すること。

キ 事務局、学校職員、教育機関の職員の人事、給与、保健衛生、福利厚生に関すること。

ク 町立学校の通学区の設定及び変更に関すること。

ケ 叙位叙勲に関すること。

コ 奨学資金に関すること。

サ 各種補助事業に関すること。

シ 教育委員会事務局所掌事務に係る広報及び教育行政に関する相談に関する事務。

ス 教育委員会に係る事務の管理及び執行の状況の点検及び評価並びにその公表に関すること。

セ 児童生徒の就学、転学及び退学に関すること。

ソ 学級編制に関すること。

タ コミュニティ・スクールの推進に関すること。

チ 要保護、準要保護児童生徒就学援助に関すること。

ツ 特別支援教育就学奨励費に関すること。

テ 教科用図書採択及び教科用図書無償措置に関すること。

ト 学校職員の服務に関すること。

ナ 児童生徒の保健衛生に関すること。

ニ 学校人権教育に関すること。

ヌ 児童、生徒の指導に関すること。

ネ 学校医、学校歯科医、学校薬剤師に関すること。

ノ 教育委員会の他の所管に属しないこと。

施設係

ア 教育財産の目的外使用許可、用途変更及び廃止に関すること。

イ 学校教育、社会教育、体育、文化施設等の整備計画及び管理に関すること。

ウ 学校の設置、廃止、統合に関すること。

エ 教育施設の営繕整備に関すること。

オ 学校伝票会計に関すること。

教育推進係

ア 学校教育の指導・運営に関すること。

イ 教育課程及びその取扱いに関すること。

ウ 県費負担教職員の人事に関すること。

エ 県費負担教職員の評価に関すること。

オ 県費負担臨時的任用教員に関すること。

カ 教員免許及び教員免許更新に関すること。

キ 教職員の服務に関すること。

ク 教職員を対象とした研修に関すること(初任者研修等)

ケ 教職員の人材育成に関すること。

コ 若手教師の指導力向上に関すること。

サ 教職員を対象とした各種会議に関すること。

シ 事故・災害に関すること。

ス 各種定例報告に関すること。

セ 学校訪問に関すること。

ソ 儀式に関すること(入学・卒業・辞令交付等)

タ 月行事及び年間行事に関すること。

チ 学力向上に関すること。

ツ 人権教育に関すること。

テ 学校評議員に関すること。

ト 教育基本構想及び共通実践事項に関すること。

ナ 教育論文に関すること。

ニ 研究指定校に関すること。

ヌ 夢作文・夢絵画に関すること。

ネ 児童、生徒の指導の在り方に関すること。

ノ 学校における現代的課題に関すること。

生涯学習課

生涯学習係

ア 生涯学習の推進に関すること。

イ 成人教育及び青少年教育に関すること。

ウ 社会教育関係団体及びボランティア団体の指導、助言、育成に関すること。

エ 社会教育委員会議に関すること。

オ 各種学級の開設及び運営に関すること。

カ 講座の開設、討論会、講習会、講演会等の集会、奨励に関すること。

キ 学校施設を利用する社会教育に関すること。

ク 社会教育資料の刊行、配布に関すること。

ケ 文化芸術に関すること。

コ 文化財保護委員に関すること。

サ 文化財保護及び愛護思想の啓発に関すること。

シ 貴重な遺跡の指定及び管理に関すること。

ス 民俗資料の収集及び保存に関すること。

セ 文化団体等の育成に関すること。

ソ 視聴覚教育に関すること。

タ 社会教育施設等の運営、管理に関すること。

チ 生涯学習課の他の係に属しないこと。

生涯スポ|ツ係

ア 生涯スポーツ活動の推進に関すること。

イ スポーツ推進計画の策定に関すること。

ウ スポーツ推進委員に関すること。

エ スポーツ推進審議会委員に関すること。

オ スポーツ指導者養成に関すること。

カ 生涯スポーツ団体活動の奨励及び運営指導に関すること。

キ スポーツ・レクリエーション大会、講演会、教室等の開設運営に関すること。

ク 体育施設の管理運営に関すること。

ケ スポーツボランティアに関すること。

コ 体育協会及び各種スポーツ関係団体の育成指導に関すること。

サ その他生涯スポーツ全般に関すること。

子育て支援係

子育て支援係

ア 子ども・子育て支援に関すること。

イ 幼稚園に関すること。

ウ 保育所に関すること。

エ 学童保育に関すること。

オ その他子育て支援に関すること。

別表第2(第6条関係)

教育機関

分掌事務

学校給食センター

ア 学校給食センターの管理及び運営に関すること。

イ その他学校給食全般に関すること。

教育支援センター

ア 教育支援センターの管理及び運営に関すること。

イ その他児童生徒の教育支援全般に関すること

図書館

ア 図書館の管理及び運営に関すること。

イ その他図書館全般に関すること。

公民館

ア 公民館の管理及び運営に関すること。

イ その他公民館全般に関すること。

大津幼稚園

ア 幼稚園の管理及び運営に関すること。

イ その他幼稚園全般に関すること。

陣内幼稚園

大津保育園

ア 保育園の管理及び運営に関すること。

イ その他保育園全般に関すること。

大津町教育委員会事務局処務規程

平成20年3月28日 教育委員会規程第1号

(平成30年4月1日施行)