○大津町こども医療費助成に関する条例施行規則

平成20年3月27日

規則第8号

大津町乳幼児等医療費補助に関する条例施行規則(昭和48年規則第16号)の全部を改正する。

(認定申請及び受給資格付与)

第1条 大津町こども医療費助成に関する条例(昭和48年条例第48号。以下「条例」という。)第5条の規定により受給資格の認定を受けようとする者は、こども医療費受給者資格申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 受給資格は、町長の認定した日から取得するものとする。

(受給者証及び登録)

第2条 町長は、第1条の規定による受給者の認定をしたときは、大津町こども医療費受給者証(様式第2号)を交付するものとし、その登録にあたつては様式第1号を準用する。

(医療費の支払い)

第3条 条例第6条に規定する、こども医療費助成の申請があつた場合、申請内容の審査及び支払いに関する事務は、熊本県国民健康保険団体連合会、又は熊本県社会保険診療報酬支払基金に委託して行うものとする。

(医療費支払いの特例)

第4条 前条の医療費の支払いは、次の各号に該当する場合には、受給者又は養育者が町長に申請をしなければならない。

(1) 熊本県以外の保険医療機関等で療養を受けた場合

(2) 入院による療養を受けた場合

(3) 医療保険各法に規定する療養費の支給、移送費の支給又は家族移送費の対象となる療養等を受けた場合

(4) 医療保険各法に規定する訪問看護療養費の支給、又は家族療養費の支給対象となる指定訪問看護を受けた場合

(5) 国民健康保険法(昭和33年法律第192号)に規定する被保険者資格証明書を提出し、療養を受けた場合

(6) 母子保健法(昭和40年法律第141号)に基づく療育医療の給付の対象となる療養等を受け、かつ、同法第21条の4第1項の規定により受給者又は養育者が費用を徴収されることとなる場合

(7) その他町長が必要があると認めた場合

(助成の申請)

第5条 前条の規定による助成を受けようとするときは、こども医療費助成申請書兼請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 前項の申請は、原則として当該診療月分を翌月末日までに行わなければならない。

(助成額の決定)

第6条 町長は、前2条の規定による申請があつたときは、審査のうえ助成額を決定し、こども医療費助成決定通知書(様式第4号)により当該申請者に通知するものとする。

(届出の義務)

第7条 受給者又は養育者は、条例第7条の規定によりその資格を喪失したときは、速やかに、大津町こども医療費受給者証を町長に返還しなければならない。

2 受給者又は養育者は、次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、こども医療費受給者資格変更届(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(1) 加入している健康保険に変更があつたとき

(2) 助成対象者の住所に変更があつたとき

(3) 受給者又は養育者に変更があつたとき

(4) その他届出事項に変更があつたとき

(受給者証の再交付申請書)

第8条 受給者証を破損し、又は亡失したことにより、受給者証の再交付を受けようとするときは、こども医療費受給者証再交付申請書(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

(雑則)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第3条の規定は、平成20年6月1日以降に受けた療養について適用し、平成20年5月31日以前に受けた療養については、なお従前の例による。

3 この規則による改正前の大津町乳幼児等医療費補助に関する条例規則に定める様式は、当分の間、所要の調整をして使用することができるものとする。

附 則(平成23年12月28日規則第13号)

この規則は、平成24年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大津町こども医療費助成に関する条例施行規則

平成20年3月27日 規則第8号

(平成24年1月1日施行)