○大津町国際交流員派遣事業実施事務取扱要領

平成24年8月10日

要領第37号

(目的)

第1条 この要領は、町内の団体及び企業(以下「団体等」という。)が実施する国際交流活動等に対して国際交流員の手続き等について、必要な事項を定めるものとする。

(対象)

第2条 国際交流員を派遣する活動は、次の要件を満たすものとする。

(1) 主に町内に居住し、在職し又は在学する者を対象に行う活動であつて、次のいずれかに該当するものであること。

 地域の国際交流活動

 異文化理解のための活動

 教育機関における特別活動及び課外活動

 その他町長が特に認めた活動

(2) 概ね10人以上の参加者を見込んで実施されるものであること。

(3) 政治、宗教又は営利を目的として実施される活動でないこと。

(派遣の制限等)

第3条 国際交流員を派遣する区域は、大津町内とする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、町外に派遣することができる。

(1) 国際交流員の派遣は、月曜日から金曜日(国民の祝日、12月29日から翌年1月3日までを除く。)の午前8時30分から午後5時15分までの間とする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(派遣申請)

第4条 申請者は、大津町国際交流員派遣申請書(様式第1号)に必要書類を添えて、派遣を希望する日の2週間前までに町長に提出しなければならない。

(派遣決定)

第5条 町長は、申請があつたときは、その内容を審査して派遣の可否を通知(様式第2号)するものとする。

(経費負担)

第6条 派遣に要する費用及び会場の準備に要する費用は、団体等の負担とする。

(派遣の取消し)

第7条 町長は、国際交流員の派遣決定通知を受けた団体等が、申請と異なることを行つたとき、又は国際交流員派遣の目的を達成することができないと認めたときは、派遣を取り消し、又は中断することができる。

(報告)

第8条 国際交流員の派遣を受けた団体等は、派遣完了後14日以内に、大津町国際交流員派遣実績報告書(様式第3号)に必要書類を添えて町長に提出しなければならない。

附 則

この要領は、平成24年8月10日から施行する。

画像

画像

画像

大津町国際交流員派遣事業実施事務取扱要領

平成24年8月10日 要領第37号

(平成24年8月10日施行)